ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

大き過ぎると・・・

最近は刺繍図案を紙などの媒体で頂くことが少なくなって、ほぼ画像データで・・・。

PCの画面上で確認しても、大きさ・コストが掴み難い。

今回もデータで頂いて、そのまま・・・出来上がってきて、いざミシンで縫う段階になってビックリ!
d0061489_19224898.jpg
こんな感じの柄のリピートで、横幅67cm・・・「そんなに大きかったのね・・・入れへんやん!」

うちの刺繍機の最大面積は65cm・・・普通は45cmくらいですよねえ?それ以上は別注生産です。

サンプル・本生産共にうちの中国工場での加工なのですが、「中国工場のミシンの最大面積は?」

知りませ~ん。(爆)駄目ですよねえ?

調べてみると、ジャスト68cmのミシンが3台・・・セーフ!それでもギリギリ。(汗)

まあ、そっちの方は解決したんですが、取り合えずスワッチを作って、確認をとらねばなりません。

来週には中国でサンプル作るのに・・・待ってくれよ~!

仕方がないので、繋ぎ易いところを選んで2つにデータを分割。片面を縫って、それに合わせて残りを・・・。

ちょっと難しいデザインなので上手く出来るかな?ってところですが、

そこは私の長年の勘とスタッフの腕で・・・。(笑)

国内生産だったらこんな作業も珍しくありませんが、「中国工場でこれをやれ!」ってことにでもなったら、

長期出張になっちゃいますね・・・日本に比べるとその辺りがまだまだ・・・。

まあそうじゃないと困るんだけど・・・ちょっと微妙やねえ・・・。

ただ、アパレルさんにはその辺りの事情も考えながらデザインして欲しいですねえ・・・。
by ykm94731 | 2009-09-03 20:04 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)