ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

古きに学ぶ

ぼちぼち、来夏の企画が始まりました!

それに合わせて、資料整理・・・「何かないかなあ?」と、物色・・・で、発見!
d0061489_20265519.jpg
20年近く前、ドイツでの修行時代に作った、最後の練習課題。

別に、これがどうって訳じゃなくて、ただ懐かしい・・・。(笑)

刺繍のベースの生地はお湯で溶けるソルブロンという生地。

刺繍加工後、お湯に浸して刺繍部分だけを残す、レース風刺繍です。

普通の刺し方ではほつれてしまうので、縫い方にいろいろ工夫を施しています。

引っ張っても、形状が保てるように、下歩きの段階で糸を絡めあいながら骨組みを作って・・・。

今、こういうデータを作ることは滅多にないですが、本場ドイツで学んだことは凄く生かされていると思います。

パンチングしかり、ビール・・・。(爆)

・・・しかし、いいもん見つけたなあ・・・ちょっと1つ思い浮かびました!

「初心に返って」ですね!・・・では、早速・・・。(笑)
by ykm94731 | 2009-09-10 20:39 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)