ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

ミシンのJUMP

今、病院からの帰り・・・半袖で自転車漕いでたら寒いぐらい・・・いっきに秋になりましたね!

まあ、業界的にはそれで「正解」なんですが・・・。(苦笑)


さて、今日のお題!

ミシンのJUMP・・・何じゃそれは?ですよね!

刺繍機の1針のステッチ長って、大体12~13mm位。それ以上になると、枠の動きがついていけなくなって、

針が折れたり・・・でも、「13mmの壁を超えたい!」そんな時ありますよね!(笑)

そういう時のために、JUMP機能があります。

1針縫って、次の針落ちポイントめがけて・・・ここで針を落とさず、頑張ってJUMP!

これを繰り返して、20mm、30mmと・・・

ところで、最長ってどれ位の長さのステッチになるんでしょうか?どなたかご教示願います!(笑)

今日はそんな動画を撮ってみました!(一般の人には意味不明でしょうね・・・)



リズミカルな感じでJUMP!

一瞬止まっているように見えますが、ステッチの長さに合わせて、1針飛ばしたり、2針飛ばしているので、

こういう動きになります。スピードはほぼ一定で動いています。

10秒~15秒あたりが通常のステッチです。比べて見て頂くと分かって頂けるかと思いますが・・・。

昔は機械の構造上、このJUMPが出来なかったので、長いステッチを生かした表現が出来ませんでした。

データ上で長いステッチを作っても、我慢できずに針を落としちゃって・・・。(笑)

このJUMPのおかげで・・・
d0061489_2053654.jpg
長過ぎると、引っかかったりいろいろ弊害も出てくるんですが、その一歩手前くらい・・・。

強度を持たせたかったのと、糸の1本をハッキリ見せる為に太糸(180d/2)を使いました。

ボリューム感といい、これぞ刺繍って感じになったと思いますが、いかがでしょうか?
by ykm94731 | 2009-09-15 20:19 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(2)
Commented by artigana-g at 2009-09-15 23:48
こんばんは.楽しく拝見しております.
ミシンで何でもできてしまうんですね☆毎回驚きです.↑こちらのもとてもきれいですね!
私も日々精進しなくては,と気持ちが引き締まります.
お仕事がんばってください.
Commented by ykm94731 at 2009-09-16 08:15
artigana-g様、ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます!
でも、 所詮は機械刺繍なので、 artigana-g様の領域には遠く及びません。毎回の写真も綺麗ですよねえ!
artigana-g様がガンダムなら、うちは量産型のジム?(笑)
ただ、その機械刺繍の良さを上手く引き出せればなあと、日々精進。頑張ります!