ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

刺繍屋の嘆き その1

さて、昨日の続きです・・・。

日本で販売されている、刺繍データ作成ソフトは国産・海外製あわせても数種類しかありません。

10数年前は、機能面でそれぞれかなりの差がありましたが、現在はほぼ同じレベルのソフトになりました。

現在、ほとんどがWINDOWS用のソフトなんですが、他の有名ソフトと較べて格段にユーザーが少ない特殊なソフトであるため、ユーザーの意見・要望がフィードバックされることがなく、バグの塊と言っても過言ではない代物です。

かなり良くなってきていますが、まだまだ・・・「フリーズ」と戦う毎日です。

そんな危なっかしいソフトであるにも拘わらず、価格は??(゚Q。)??・・・凄かったです。

15年前・・・BMWの750iクラス
10年前・・・セルシオクラス
05年前・・・SUBARUレガシークラス
現在・・・マツダDEMIOクラス

ハードが安くなったことと、やはり価格競争でしょうか?

今ではすっかり「刺繍屋に1台」です。

ただ、このデータを作る作業=パンチングは刺繍屋の心臓部でもあります。

変換の下手糞なワープロソフトでも、時間がかかるだけで、出来上がった文章の良し悪しは書き手の手腕で決まります。

ソフトの出来が悪かろうが、基本はそれを使ってつくる人間の技術・感性です。

同じデザインでも、作る人によって全く別の表情を持ってしまいます。

ソフトが普及して誰でも簡単に作れるようになったおかげで、とんでもない刺繍を見る機会も増えました。

ああ、嘆かわしや・・・(T_T)。
by ykm94731 | 2005-06-23 23:04 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)