ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

この肉厚・・・

今日も刺繍のお勉強・・・などと思っていたのですが、布と糸の時間様のBLOGに圧倒され、

E-刺繍工房さんのBLOGに完膚なきまでに・・・今日は日が悪いようなので、辞めときます。(悔)

あっ、勉強になりますので、是非見に行ってくださいね!


気を取り直しまして(笑)、近況を・・・。

ちょうど秋物の企画が終わり、現在は冬物のプロトサンプルでバタバタとしております。

冬物はやはり生地が問題でして、毎年どちらからか依頼が来るんですよねえ・・・ボアとかファー、ミンクetc.。
d0061489_2047078.jpg
触った感じはふんわり柔らかで、思わず頬ずりしたくなる程なんですが、コイツが曲者で・・・ねえ?

生地端からポロポロとゴミが・・・振り回したりしたら、一瞬「ホワイトアウト」?(汗)

本生産時は、他のお仕事を片付けてからでないと、細かなホコリが宙を舞って、被害が拡大・・・悲惨なことに。

今回はこの厄介な生地にアップリケ刺繍をとのことで・・・。(滝汗)

何がたいへんって、この肉厚ですから・・・普通の刺繍なら毛を薙ぎ倒しながらも、何とか縫っちゃえばOKですが、

この上に異素材を貼るってのは???

アップリケを貼る案内線を縫っても・・・
d0061489_20574231.jpg
遭難?埋もれてしまって何も見えません・・・。(汗)

で、案内線の内側を少し刺繍で潰してみると・・・
d0061489_2059633.jpg
やっと線が見えました!クッキリとではありませんが、何となく・・・。(苦笑)

あとは内に秘められた潜在能力を引き出し、第六感で・・・えいやーっと。(爆)
d0061489_2112175.jpg
まあ、何とか無事に・・・他にも裏技はあるのですが、本当に「裏技」になってしまうので、公開出来ません。

しかし、本生産の時はどうするかなあ?(滝汗)

どこかの優しい刺繍屋さんにお願いするかな?(笑)
by ykm94731 | 2010-03-11 21:20 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(6)
Commented by tama70125 at 2010-03-12 07:25
蜂の刺繍のついたアップリケって感じですか?ボア素材泣きたくなりますね。
我が家にもちょっとあるのですが、一度カットしたら家中毛だらけになり、閉口したまま封印。
こうしてサンプルのような在庫が増えていきます(笑)メーカーのサンプルルームみたいと言われています。
Commented by ykm94731 at 2010-03-12 08:11
tama70125さん

おはようございます!
そうですよねえ!ボア系の素材相手の時は、うちのお姉様方も顔中ホコリまみれに・・・濃色の時はさらに悲惨・・・。
年々、生地の在庫が増えていって、捨てるに捨てられないし・・・困ったものです。
Commented by happy2525mama at 2010-03-12 10:00
見に来て下さってありがとうございますm(__)m

ボア素材は扱った事が無いです。難しそうですね。
モコモコ素材ではフリースぐらいです(^^ゞ
和裁出身なので、洋裁の領域素材に疎いので、また勉強におじゃまします☆彡
Commented by ykm94731 at 2010-03-12 13:50
happy2525mama様

ボア素材はビックリする位のホコリが・・・フリースみたいに生易しいものではありません。危うきに近寄らずが正解!(笑)
Commented by 梅松ママ at 2013-01-23 10:16 x
はじめまして。
この記事にアップされている裏表ボアの厚手の生地をずっと探しています。
どこで扱っているかご存じであれば教えて頂きたいです。
宜しくお願いいたします。
Commented by ykm94731 at 2013-01-23 12:00
梅松ママ様、はじめまして!
この生地はシーサイドシープというPLANETA(高島商事㈱)の生地です。
個人ユースでは入手が難しいかもしれません。
生地商(清原㈱)さん等、ご存知であれば入手可能だと思います。
どうしても!ということでしたら、メールを頂けますか?
info@nekoshima.co.jp
ご相談に乗らせていただきます。
宜しくお願い致します。