ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

第6回パンチング講座

今日は、朝から・・・
d0061489_19414246.jpg
コイツがごてまくって、散々な一日でした。

先週まではちゃんと動いてたのに、ちょっとつまずくと、にっちもさっちも行きません。(涙)

もう、別れたい!(爆)


さて、今日は久々に?第6回パンチング講座!

「暇なのか?」

いや、サンプル地獄の真っ只中です。もうヤケクソ!(笑)



最近のソフトは進歩していて、画像を取り込めばポンポンと自動で刺繍データに変換出来るらしい・・・。

しかし!そんなに甘いものではなく、いろいろと不具合も・・・。(ニヤリ)
d0061489_19534689.jpg
手元に、こんなデータが送られてきた。

一般的には、中をタタミで埋めて、外はサテン振りで回るというオーソドックなデータになると思います。

これをボタン1つで変換!おおっ!素晴らしい!

でも、これは元となるデザインに忠実に変換されているだけで、実際の刺繍データとしては、少々問題が・・・。
d0061489_19565599.jpg
まず、中のタタミ部分。

タタミの特性として、垂直方向に伸びて、水平方向に縮む。

なので、実際ミシンでぬってみると・・・
d0061489_19582386.jpg
伸縮したぶん、上の図のようなことに・・・これはちょっと大げさに描いてみましたが、こういう経験ないですか?

画面上では綺麗に出来ていても、実際に縫ってみて綺麗に仕上げることが最終目標ですので、

ここを補正してやらねばなりません。
d0061489_2005756.jpg
単純に、伸び縮みを予測して、はみ出すところを削って、隙間が開かないように伸ばしておいてやる。

横長の楕円形の上と下がペタッと真っ直ぐなイメージです。(笑)

それだけです。

これは、サテンステッチでも同じことが言えますので・・・。

どの程度?ってのは、生地や様々な条件が絡んできますので、何とも言えませんが、

こういう現象が起こった時、このことを思い出して頂いて、次に生かせるように・・・。


それと、タタミは出来るだけ一方通行に作ること!
d0061489_20111198.jpg
上の図のように、下を仕上げて上から中心へ・・・こんな感じで出口を中心に持ってくると、

そこに隙間が開いたり、逆に糸が重なって、タタミ目がおかしくなったりしますので・・。

今回の場合の円の出口は、上か下かにすること!

僕なら下。サテンの縁取りも下。(笑)

では、ごきげんよう!
by ykm94731 | 2010-10-05 20:23 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(4)
Commented by sishushinnosuke at 2010-10-05 20:48
分かりやすい図説にいつも感心します。(笑)

次回の講座予想。
「アルファベットの文字の高さを揃えるのはどうしたらいいか?」ではないかと?
A・B・Cは知ってても、それだけ~じゃ困ります。(笑)
Commented by ykm94731 at 2010-10-05 21:06
伸之介さん、お疲れ様です!
図説ですか?・・・イラストレーターで作ってるんで、勉強になってます。(苦笑)

アルファベットの文字の高さ?
「当たり!」ではありませんが・・・ネタ振りありがとうございます!
まあ、ほどほどに頑張ります。
Commented by 宮本パンチング at 2010-10-05 22:39 x
イラストレーター、ちゃんと使ってるんですね!
おめでとうございます・・・(笑)
頑張ってね!パンチング講座応援してまっせ!!
Commented by ykm94731 at 2010-10-05 22:48
ありがとうございます!
お客さんからデータが送られてきて、何でも開けるのは快感です。(笑)
勉強だと思って無理やり使ってますが、使い勝手がイイのはやっぱりCOREL DRAWです。