ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

検針してます。

毎日、夕方の出荷前に、加工した商品の検針をしています。
d0061489_1918440.jpg
金属探知機???

まあ、針等の金属が残ってたりしないかをチェックしています。

最終的には縫製等、全ての工程がが終わった段階で、縫製メーカーさんが商品を検針されるので、

もしうちで見つからなくても問題はありませんが、うちから送った物が検針で引っかかったりしたら、

縫製メーカーさんにこっぴどく叱られますので・・・工場さんに直接謝罪に伺ったり・・・新潟にも行ったなあ。(苦笑)


通常、うちに入ってくる商品は、全て裁断パーツですので、こんな感じになってます。
d0061489_19222795.jpg
これはTシャツの前身頃が2つ折りになった状態です。

お客さんによって、形態もまちまちですが、生地の色・ロット・サイズごとに、数枚・数十枚単位で紐で括られて・・・。

今日も出荷前に検針機を通していると、ピーピーと何かに反応。

あれ?何やろう?

何度通しても駄目・・・何で?何が残ってるんやろう?

プリント部分は普通のラバープリントやし、糸も普通の・・・。
(昔はグリッタープリントが引っかかったり、金糸に反応したりってこともあったんです。)

で、よく見てみると・・・
d0061489_1926183.jpg
針金の絵符が・・・。(汗)
(この絵符には、サイズやロット番号が記入されています。)

久しぶりに見ました・・・最近は、向かって右側のプラスチック製がほとんどですので・・・。

もう検針しなくてもイイ?(爆)

いやいや、そういう訳にも行かないので、紐を一旦解いて検針。また紐で縛って・・・。

何だかんだと手間取ってしまい、出荷業務がいつも以上にバタバタ・・・。

・・・こういうのも、そろそろ世代交代して欲しいなあ・・・。(苦笑)
by ykm94731 | 2010-11-30 19:47 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)