ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

昨日の記事で・・・

宮本パンチングさんよりご指摘をいただきましたので、ちょっと補足。

何のこっちゃ?って方もいらっしゃるかも知れませんし・・・。

タタミステッチの端処理のお話なのですが、
d0061489_19255428.jpg
左右共に同じ大きさのタタミステッチの長方形なのですが、端の処理が違うのがお解り頂けるかと思います。

一見、左の方が綺麗に見えますが、上から下へ渡る際に、細かいステッチ(0.2mm程度)が出来てしまいます。

糸の太さよりも短い距離ですから、必然的に糸切れを起こし易くなります。

まあ、この辺りはソフトの設定ですので、デフォルトの状態であれば右のようになっているはずです。

ランダムに見えますが、並んでる糸の距離が0.2mm程度ですから、縫い上がってみるとわかりません・・・。

じゃあ、左のスクエアの存在意義は???それはまたいつの日にか・・・。

宮本さん、ネタ振り感謝!(笑)
by ykm94731 | 2011-09-29 19:46 | 刺繍屋のお仕事