ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

プチポアン

今日は、刺繍作家 久家道子先生のプチポアンをアップリケに使用したBAGのサンプルです。

プチポアンは、シルクのキャンパスに1針1針手縫いで刺していく刺繍で、絵画のような繊細なデザイン表現が可能な手法です。

そんな高価なものを使用するのですから、緊張・・・。

年に数度依頼があり、BAG本体生地とプチポアンを頂いて、あとは口頭でイメージだけ!

「ゴージャスに!」「アンティーク調に!」「ロココ調に!」???etc.・・・。

「お任せ!」っていうの、いつものことながら難しいです!

昨夜、構想を練って朝から型作って試刺しして・・・。

d0061489_19351619.jpg


あまり派手なのはペケなので、薄めのゴールドと渋金の2色で・・・。

刺し方を複雑に組み合わせて、立体感といやらしさの無い上品な輝きを・・・。

最後はB型お得意の「まあいいか」で・・・明日、見ていただいて・・・。

今まで「駄目!」って言われたことはないので、そろそろ・・・(怖)。
by ykm94731 | 2007-09-06 19:49 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)