ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

悩ましい・・・シャーリング

先日の「シャーリング」の生産が、残念ながら決まってしまいまして・・・。(汗)

普通ならそんなこと考えたりはしませんが、今回のはちょっとボツって欲しかった・・・。
d0061489_10393734.jpg
とにかく、今回のシャーリングは問題が山積み!生産まではまだ時間がありますが、かなり不安。

メーカーさんにはその辺りの問題点をお伝えしましたが、果たして・・・。
d0061489_19173011.jpg
向かって左が加工パーツのパターン。中央辺りの台形部分が問題のシャーリング。

これだけ縮むんですよ!約60%位?


今回の問題点は・・・

まず、デザインの大きさがミシンの面積ほぼいっぱい(縦60cm程)になるので、

生地原反でミシンにセットしなくてはなりません。これが非常に難しい!

しかも、かなり細かい柄なので、距離が長くなってしまい、柄の途中で下糸(ゴム糸)を交換しなくてはならない・・・。

こんなに長い距離のゴムシャーリングなんて初めて・・・。(苦笑)

ミシンの下糸の量って、ボビン外さないと見えないですからねえ・・・減り方も頭によってバラつきが出るし・・・。

で、一番心配なのが、仕上がり!1枚のパーツの中でも、柄にバラつきが・・・。(滝汗)

「〇〇〇になる可能性がありますよ!これだけはどうしようもないので、了承してくださいね!」

うるさいくらいお願いしておきましたが、大丈夫かな?

サンプル時にちゃんと「注意事項」を伝えておいても、本生産になったらコロッと忘れられたり・・・。

よくあるんですよ・・・「そんなん知らんかった!何とか修理出来へんの?これやったら商品になれへん!」

幸い50着程の小ロットですが、いまだかつてないくらい嫌な予感・・・。(怖)

ちなみに、この商品見た時、「変わったパンツやなあ?」って思いました。(爆)

又部分まる開き!って。(笑) 当たり前のことですが、上着でした・・・。
by ykm94731 | 2009-04-20 22:40 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)