ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

カテゴリ:刺繍屋のお仕事( 627 )

by ykm94731 | 2015-07-05 14:49 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
d0061489_13183383.jpg

アパレル加工合同展「EN」2015

会期
7/1(火) 13:00~20:00 (19:00受付終了)
7/2(水) 10:00~20:00 (19:00受付終了)
7/3(木) 10:00~19:00 (18:00受付終了)

会場
デザインフェスタギャラリー原宿(東館 1F/2F)
DESIGN FESTA GALLERY HARAJUKU
東京都渋谷区神宮前3-20-2
TEL:03-3479-1442



出展企業

D.C.I 株式会社 (製品染色・加工)
大垣化染 株式会社 (製品染め・プリント・二次加工)
有限会社 近藤ソゥイング(縫製メーカー)
備南染工 株式会社 (染色加工・デニム加工)
株式会社 ハーフテキスタイル (生地)
仲内 株式会社(釦・アクセサリー・アクリル・雑貨の加工、製造)
有限会社 丸昇 (プリント・製品加工)
猫島刺繍 株式会社 (刺繍)

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
by ykm94731 | 2015-06-24 13:44 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
6月も後半に差し掛かり、イベントを目の前に控え、超多忙な毎日です。

7月10日からは浪花の刺繍祭り!って騒いでいたのですが、その1週前にいつものアレがあるんです。

加工会社の合同展「EN」です。
d0061489_2004025.jpg
毎度のごとく、展示会の展示品と刺繍祭りでの販売用Tシャツを制作。

近所の縫製屋さんに頼んで、5月半ばには裁断物を入れて貰ってたんですが、なかなか着手することが出来ず、

納期遅れ?(爆)うちにしては珍しいことですが、2日程納期をズラしてもらいました。

で、取り掛かったのが先週土曜日。そこから4日程で40型程作り、刺繍加工して、60数着の二次加工が終了。

昨日、ようやく縫製屋さんへ・・・で、恐らく、明日上がって来るので、そこから染めたり、汚したり、破いたり?

それと並行して、刺繍祭りで販売する小物の制作etc.・・・。

ほんと、いつもギリギリ。(苦笑)

まあ、何やかんや言ってても、絶対間に合うんですけどね・・・でも、そろそろお休みが欲しい・・・。

来年はちょっとお休みさせてもらおうかな?もう輝けるお歳でもないので・・・。(爆)
d0061489_20113561.jpg

by ykm94731 | 2015-06-18 20:12 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
春なのに、悪天候の毎日・・・気持ちも落ち込み気味。

こういう時は、パーッと明るい刺繍で・・・ということで、マルチカラー(段染め)糸を使った刺繍です。

ただ、派手な分、使いドコロや使い方が難しいのがこの糸の難点。
d0061489_1918049.jpg
綺麗なんですが、何となくイモムシっぽいし、プリントっぽくも見える。(苦笑)

では、いつもと違う方向で刺してみると・・・
d0061489_19214279.jpg
あっ!刺繍してる!って。(笑)

d0061489_192386.jpg
こういう風に使えば、派手さも感じない。

d0061489_1924592.jpg
馬鹿と鋏は・・・いや、意味が違いますね!(笑)良い材料を活かすも殺すも自分次第ってことでしょうか?
d0061489_192812100.jpg
この糸は、まだまだ可能性がありそうですね・・・精進致します!
by ykm94731 | 2015-04-14 19:32 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
さあさあ、そろそろ動かねば!ってことで、ここで告知!

お待たせしました!

第5回浪花の刺繍祭り!
d0061489_20275480.jpg
今回の会場も昨年同様通天閣にて。

期日は7月10日(金)~12日(日)の3日間。

サボっている間にあと3ヶ月しか無い・・・まあ、毎度のことなんですが・・・。(苦笑)

ボチボチ準備を始めますので、皆様お楽しみに~!
by ykm94731 | 2015-04-09 20:33 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
今夜は、身生地の色に合わせた同色系の刺繍です。

シンプルやん!と思いきや、ド派手です!(笑)
d0061489_19213965.jpg
刺繍糸は白と薄グレーしか使ってないんですが、表情がありますよね!
d0061489_19252165.jpg
そして豊かなボリューム感。
d0061489_19245718.jpg
素晴らしい表面変化!

遠目から近づいて行くにしたがって、「エーッ!エ~!」ニンマリしちゃいます。

やはり刺繍はこうじゃなくっちゃ!

ペラペラの透けるような刺繍なんて・・・刺繍じゃない!

時代の流れには逆行するようですが?

また、こういう依頼、来ないかなあ・・・。(笑)
by ykm94731 | 2015-04-07 19:31 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
さあ、今夜も懐刺繍を・・・。(笑)

先日の特殊な歩き方のサテンステッチバージョン。
d0061489_19144096.jpg
並んだ文字は、色が違うだけでなく、それぞれ刺し方が違います。

糸の向きを変えたり、サテンステッチを2本並べたり・・・。

まあ、普通ってのが嫌いな?お客様なので・・・。

特に赤色のラインの部分
d0061489_19193666.jpg
初めて見た時はビックリしました!こんな刺し方があるんやあって・・・。
d0061489_19205228.jpg
他にも、ひねってみたり・・・こういう商品を提示されて、「こんなの出来る?」

ほんと、最初に考えた人は凄い!いったい誰なんでしょうねえ?

やっぱり、あの神様?(爆)

で、研究に没頭して、刺繍屋は成長してきた訳です。

まあ、そのお蔭で、「普通の刺繍が出来ない」身体になってしまいましたが・・・。(苦笑)

そして、そんな私が考えたのがこれ。
d0061489_1942143.jpg
横に振るサテンステッチのところどころに針を落とすと、下地が見えます。

その特性を利用して、段染めの糸で文字を作っておいて、その上から件のサテンステッチを被せる!

重ねるからボリュームも出るし、いいんじゃない?と、思ったのですが、使用する糸も倍。単価も倍。

今の時代には合わなかったようです。(苦笑)
by ykm94731 | 2015-04-06 19:44 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(2)
今日は、古いものではありませんが、こういう特殊な縫い方。
d0061489_194461.jpg
A地点からB地点まで、単に真っ直ぐ歩くのではなく、寄り道しながら?って感じでしょうか。(笑)
d0061489_19452557.jpg
こういうことが簡単に出来るソフトが開発されたのは25年程前かな?

予め、どう「寄り道」するか?っていうパターンを作っておけば、A地点とB地点を指示してやるだけで、

一発変換!です。

そして、そのパターンは自分で作ることが出来るので・・・無限大ですね!

でも、あまり「寄り道」し過ぎると、密度過多でたいへんなことになります。(苦笑)

ちょっと派手な感じにも見えますので、使いドコロが難しい手法でもありますね!

これは、この手法を上手く使った、某有名アパレルさんのデザインです。

刺繍加工も某有名刺繍屋さん。(笑)
d0061489_1953739.jpg
20年前くらいのものですが、この刺繍を見た時、心から感動したことを今でも覚えています。

まあ、たまには寄り道もいいんじゃない?そんなお話です。

さあ、仕事も片付きましたので、僕も今から寄り道・・・。(爆)
by ykm94731 | 2015-04-04 20:02 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
昨日のお話の続きになりますが、「モコモコ」という手法を使ってのサンプル作りに明け暮れた毎日。

で、最終的にお持ちしたプレゼン用の刺繍がコレ。
d0061489_1924557.jpg
立体的な刺繍に表面変化もプラス。
d0061489_192562.jpg
平面部も作って、高低差を強調!

我ながら、よく出来たと・・・。(笑)

ただ、これも過去のデザインを立体的にリメイクしただけ。

デザインなんて出来ないし・・・僕に出来ることは、この手法をどう見せるのが効果的かを考えることのみ。

その手法をどう活かすかは、やはりデザイナーさんの経験とセンス。

毎度毎度「何か新しい手法ないの?」

新商品がポンポン開発出来る訳もなく・・・。(苦笑)

出尽くしてしまった感のあるこの業界。

そろそろ過去のものにも目を向けてみてはいかがでしょうか?

ということで、これから少しの間、忘れ去られた技術?をご紹介していきますね!乞うご期待!

しかし、光沢のある刺繍糸の美しさと様々な表面変化・・・刺繍に優る加工はないんじゃないの?

あっ!プリント屋さんに怒られるね・・・。(汗)
by ykm94731 | 2015-04-03 19:23 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
バタバタの終わりが見えてきたので、いろいろお片づけ中・・・。

で、懐かしいトレーナー発見!
d0061489_18394586.jpg

僕がアパレルさんに初めて営業に行って、採用してもらった加工手法。

もう、20年近くも前のことですが、半年間くらい同じ商品作って・・・BIGヒットでしたね。

その名は「モコモコ」(ゴーダEMBさんの特許技術)

分厚いフェルトのようなものを生地の上に載せて刺繍。

その後、アセトンっていう溶剤で溶解除去!

残るのは、膨らんだ刺繍のみ。中は空洞なので柔らか。
d0061489_1840547.jpg

この素晴らしい加工法をどう使うか?

まあ、ここまで辿り着くために、沢山サンプルを縫って、GODAさんからの加工上がりを待つの繰り返し。

たいへんだったけど、凄く楽しかった!

うん!とにかく初心に返って・・・実験教室頑張ります!(笑)
by ykm94731 | 2015-04-02 18:52 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)