ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日は、待ちに待った阪神優勝Xデーということで、朝からソワソワ(-_-;)。

試合が始まり、気になって仕方が無いので一旦帰宅。

家族で試合観戦・・・見事優勝!!!

祝杯をあげて、今仕事に戻りました。今から、サンプル作り(汗)

いつもなら「はあ」っと、ため息しか出ませんが、今日は最高の気分!

でも、飲んじゃうとしんどいです。


さて、阪神関係バブル到来です!

うちの知り合いも、優勝記念タオルに虎のマークの刺繍、必死にやってます。

なかなか立派な刺繍(痛くてタオルには不向きですが)やってます。

ここ1ヶ月程、寝る間を惜しんでやってます。

何しろ枚数が枚数ですから・・・。

でも、こういう旬のアイテムっていうのは作るタイミングが難しいですよね?

早く仕込み過ぎて、もし駄目だったらたいへんなことになりますし、決まってからじゃあ間に合わないし・・・。

先日も、あるお客さんが2年前の優勝記念のレプリカユニフォームが余ってしまって・・・という話を聞きました。

中国で生産して、生地がトラブってしまい納期遅れ・・・タイミングを逃したそうです。

タタキ売りで@1000で数枚分けてもらいましたが、万単位であるみたいなので・・・保管場所も倉庫借りて・・・悲惨です。

ある意味こういうのって先物ですよね!

天国か地獄か・・・?


取り敢えず、今年は大阪の経済復興に一役買ってくれました!

ありがとう!阪神タイガース
by ykm94731 | 2005-09-29 23:24 | 戯言(たわごと) | Comments(0)
この前の日曜は久しぶりに休むことが出来ましたし、サンプルもそろそろ落ち着くかなあと思ってましたが、いやいや・・・なかなか・・・今週も強力です。(T_T)

絶対量が減っているので、以前よりは休みをとれるようになりましたが、一日36時間くらい欲しい!

最近の傾向としては・・・

1.時間がない
2.手の込んだものが多く、手間がかかる
3.新規のお客さんが多いので、なかなか心理が読めない

1に関しては、昔から一緒ですが前日に「今日送るから・・・」というTELを頂いている場合は心の準備も出来るのですが、連絡もなく突然現れる(笑)場合が多いので、「あれをやって、これをやって・・・」というスケジュールが狂ってしまい、苦しみます。
また、荷物を待っている時に限って着荷が遅かったりするので、営業所止めにしてもらって早朝受け取りに行くことも多いです。最近は2日に1回は行ってるかなあ・・・。

2に関しては、加工法が複雑になってきているので、どうしても刺繍以外のことに手をとられます。「刺繍したあとに、鋏で切る」「洗う」「ラインストーンをつける」etc.・・・。
ほんと、単純な刺繍ってなくなっちゃいましたし、ミセスの商品でも「ヴィンテージ加工」(古着風に・・・)「ダメージ加工」(汚したり、破ったり・・・)なんてものがありますし。

3がポイントなんですが、返却納期。

お客さん「いつ頃返してくれるんやろう?」

刺繍屋「いつ頃出来ると思ってはるんやろう?」

ここが、非常に難しいです。さほど混んでいないときであれば、だいたい着いたその日に返送するのがうちの流儀?なんですが、そう簡単にいかないこともしばしば。
それに、一度これをやってしまうと、今後の期待が・・・重い。

予定外だったり、突然の来客etc.・・・たまたま、タバコを買いに外出したときに、近所のミシン屋さんに捕まることも(爆)。

でも、スピードもうちのウリなんで、がんばってます!

今はいろいろと不安な世の中なので、まずは時間の安心をプレゼントしたい・・・そんな感じでしょうか?(カッコイイ)
by ykm94731 | 2005-09-28 08:03 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(2)
先週、大阪・名古屋G5の総会が大阪某所にて行われました。

*日本経済の景気動向
*現在の主力流通商品の傾向
*来年以降のデザインの変遷
*今後の加工に対する取り組み

etc.・・・

いろんな人と出会って、意見を交換したり、各々のアイデアの交換・・・。

すっごく勉強になりますし、何より楽しい・・・!!

生産基地が海外に移行し、生産出来るアイテムが極端に少なくなってしまった日本の生産ラインの中で、「いかに生き残るか」=「いかに他所を蹴落とすか」

そんなネガティブな考え方ばかりになってしまいがちですが、違いますよね!

縫製屋さん・加工屋さん・・・それぞれいろんな意味で体力がなくなってしまっていると思います。

今後、どういう風に歩んで行くのか?難しいですよね!

何か他にはない技術があれば数年はそれでいけるかもしれません。その先は?

1社だけの独自の技術っていうのは凄く価値のあるものかもしれません。

なかなか他人に譲れる物ではないかもしれません。

でも、1社だけでそれを世に広めようとしても無理でしょう!

世の中には、いろんなアイデアを持った人がいます。


「そのミシンはそんな縫い方しか出来ないんでしょうか?」

全てはそんな疑問から始まって、新しい商品が出来ています。


「その新しい技術をどういかしますか?」

それで終わりではありません。次のステップへ移行しないと宝の持ち腐れです。


これからは同業者はではありません。大切なパートナーです。

とても大切なことを学んだひと時でした。

で、次回はいつ?(笑)
by ykm94731 | 2005-09-26 09:49 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
休みもなく、毎日忙しすぎて、ちょっとエネルギー切れです。

納期の心配・仕上がりの心配・・・夜眠れない→深酒→その割に、朝は早い→太る(これは関係ないか?)


この業界に入って約15年が過ぎましたが、最近感じるのが「年とったなあ・・・」

お客さんから呼ばれて打ち合わせに行っても、デザイナーさんも世代交代!?していて、15年前にいた人はほとんどいません。

年上ばかりだったお客さんも、今では同世代から年下がほとんど。

電話もらっても、「ご相談したいことがあるので、ご足労願えませんか?」

なんて、ご丁寧なお言葉をいただきます。

「俺って偉くなった!!」(‘o‘)\(-_-)

最近、やけに相談が多いです。

いろいろ手法の提案等を求められることが多いのですが、業界的にネタが尽きてしまっているので、なかなか難しいです。

新しいモノって言っても、一朝一夕で出来る物ではありませんし。

ただ、若手のデザイナーさんに昔流行ったものなんかを見せると、結構それがハマったりします。

「こんなの見たことない!」「どうやってるんですか?」・・・こうなったらラッキーです!!

ここで長々とウンチクを・・・(笑)


デザインにはサイクルがあります。10年前に流行っていたものが、また流行りだしたり。

また、最近では懐かしいブランドが復活したり・・・。


ただ、あらゆる手法を熟知しているベテランデザイナーさんも多々おられるので、手法の複合に苦労させられます。

裁断(石川)→プリント(京都)→刺繍(大阪)→特殊ミシン刺繍(兵庫)→縫製(新潟)→染め洗い(岡山)→ダメージ加工(和歌山)→高周波(大阪)・・・なんと?次加工まで。

一着出来るまで、かなりの長旅です。

旅費がかかって高くなっちゃうし(笑)、ちょっとやり過ぎちゃうの?・・・とは、まだまだ若輩者の私には言えませんが。
by ykm94731 | 2005-09-21 00:02 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
久しぶりに「」という単位の仕事を受けています。

懐かしい(T_T)。

10年ほど前までは、スポーツ関係の仕事だと珍しくない数字だったんですが、「まだ日本にこんなロットの物があったのかあ!」って、ちょっとサプライズ!!いや、かなり!!!

時期がよければ願ってもない仕事なのですが、予定が一杯詰まった9月に、台風のごとく突然現れたこの仕事はなんとも・・・ツライっす。

さらに、来月は「7万・・・しかも、10日間で・・・。

ミシンが15台ほどいります!恐らく無理でしょう!

たいがい、お客さんの言われた納期に合うようにはめ込みますが、今度ばかりは・・・怖いから、中国へ移住するか・・・(笑)


現在、某有名子供服のサンプル作りに追われています。

サンプルまでは国内でやって、本生産は海外というよくあるパターンなんですが、こちらも何か増えてまして・・・

1回の展示会(年4回)での受注が5万枚だったのですが、今回の型数からすると推定20万枚!(めまいが・・・)

「どうすんねやろ?」ってのんきに考えていますが、とてつもない数です。

中国は中国で、アメリカ向けの商品が主で、1ロット10~70万枚!

そんな、パンク寸前のうちの中国工場を思い浮かべると・・・中国へも逃げられない・・・。

「お金がない!時間が無い!・・・」

ナイナイ尽くし・・・。

どうなるんでしょうか?

では、これからの猫島刺繍にご期待ください!(笑)
by ykm94731 | 2005-09-16 21:44 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
今日は、元近鉄バッファローズ(現在 辛口コメンテイター)の金村さんが着られるシャツに刺繍を入れました。

時々、お客さんの依頼で、「○○さんが,XXに着られるので・・・」という依頼を受けて刺繍を入れてます。
もちろん世界にひとーつだけの一点モノです。

僕が思う、今までの一番は高倉健 さんのブルゾンでした。別に、本人にお会いして手渡すわけでもありませんが、異常に緊張しました。

あと、スポーツ系のお客さんが多いので、プロゴルファーの方のはよくあります。

最近では、宮里藍ちゃんとか・・・。

なんか、全然知らないのに「この服着るんだあ」とか思うと親近感が沸いてきます。

将来、自社ブランドを作ることが出来たら、有名人の方にお願いしたいですね!

小学校の後輩ということで畠田理恵さん。

(当時から美少女でした!)

中学???いないかな。

高校の後輩ということで、巨人の上原投手。

大学の同期でカージナルスの田口選手。

まあ、どちらも会ったことがないので、お願いできる間柄でもないですが・・・。

そう言えば、高校時代の友人が弁護士で、月一でテレビのワイドショーに出てまして、「橋○先生」とか呼ばれてコメントしています。

一番近い、うちのモデル候補・・・目指せ橋○弁護士 !!本人は嫌かな(笑)
by ykm94731 | 2005-09-13 18:54 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)

秋が来て・・・冬が来て・・・また、秋がきて・・・春は?そんな感じの今日この頃・・・儲かりませんねえ。

気が狂いそうなくらい忙しいのに・・・。

通常、9月はサンプルも本生産も一段落で暇な時期なのですが、今年はやっぱりヘン!

サンプルも、だらだらと長引いており、なかなか落ち着きません。

その上、秋・冬・春物の生産で、僕が言うのもヘンですが、猫の手も借りたいくらいです。

さて、先日のこと、知り合いの機械屋さんが上海の繊維機器の展示会に行ってきたらしいのですが、やはり、中国の技術の発達はめざましいものがあり、かなりのレベルまで来ているそうです。

基本的に「コピー」のお国柄なので、以前は日本製ソックリの「格好だけ」のミシンばっかりだったのですが、現在は見た目だけでなく、中身も実用レベルまで来ているそうです。

その上、価格が日本の10~20分の1!これは買いでしょう!(笑)

そのうち中国土産にミシンてな感じで、買って帰る人が増えて来そうです。

まあ、刺繍機は人力で持てるようなものではないので無理ですが、輸送費・関税なんかを考えても格安です。

ただ、日本製は20年やそこらは十分に働いてくれますが、実績がないのでどうなんでしょう?

しかし、何といっても安いですから、3年間無事に動いてくれれば十分償却可能です。

中国進出している刺繍屋さんに勧めているのですが、なかなか人柱になってくれる会社はないですねえ。

うちの中国工場に入れたいのですが、中国製は駄目だと中国人の猛反対!

今なら、もれなくもう一台!・・・それだけじゃありません、
若くて働き者のオペレーターさんもご一緒に・・・
さらに、今回は特別に3年間の仕事もお付けして・・・
たいへんお得です!」

うち(日本)で考えようかなあ?(笑)
by ykm94731 | 2005-09-07 22:03 | 戯言(たわごと) | Comments(0)