ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先日の「ワンポイント」ですが、ここ数年あまり見ることが無かったブランドが、かなり復活?してきています。

*マーク自体はそのままで、服のデザインの若返りを図っているもの。
*マークのデザイン・フォント等を時代に合わせて変更してきているもの。

おおまかに2手に分かれてます。

やはり、「時代の流れに合わせて行かないと・・・」そんな意気込みが感じられます。

ある新規のお客さんからお電話をいただきました。

「ブランドイメージを変えたいから、ロゴも新しいデザインにしたくて・・・今までは刺繍はXX刺繍さんで全てお願いしてたんですけど・・・どうせなら、新しい刺繍屋さんにお願いしたいんです。」

たまたまうちのHPを見てお電話してくださったそうです。

なんかお話を聞いている間に、かなりの重圧を感じました・・・

「この会社の将来は、うちの双肩にかかっている・・・!」

取り敢えず、試刺しして提出・・・見事、一発合格!

うれしいような・・・でも何か落とし穴がありそうな・・・(X_X)

それに、考えてみれば、うちがXX刺繍さんになっていたかもしれませんし・・・(汗)。


主には、不景気によるゴルフ人口の減少によって売れなくなってしまったポロシャツですが・・・

*ターゲットを50代→30~40代に移す。
*スポーツからシティへのブランドイメージの変更。
*ファミリー向けの商品開発

様々な試みで、復活してきています。

デザインがかわっても、ブランドネームとしてこのワンポイントが刺繍の原点であり、一目でわかるブランドの名札みたいなものです。

うちもかなりの「ワンポイント」を作ってきました!

基本的に原本となるデータは1つです。(時々ニセモノがありますが・・・)

1軒の刺繍屋が作ったデータをアパレルさんが配って、全国の刺繍屋さんで加工しています。

もしかしたらあなたが着ているその服も、僕が作った「ワンポイント」が入っているかも知れません。(笑)


次回は、刺繍の原点から現在までの変遷をお話ししたいと思います。
by ykm94731 | 2005-11-30 22:51 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
先週から春物の生産が本格的に始まり、急に忙しくなったため鈍った身体がついて行きません(汗)。


さて、昨年あたりからにわかに増えて来たのが「ワンポイントロゴ」刺繍。

ほとんどの刺繍屋さんがコレだと思いますが、いわゆるブランドネームです。

傘のマークだったり、ワニのマーク、熊のマークだったり・・・。

「私はXXっていうブランドの服をきてるんですよー。いいでしょ?」

昭和40年頃の大量生産のジャガード刺繍の始まりです。

ポロシャツのポケットの胸から始まったこのワンポイントは、時流にのってパンツ、キャップ、ソックス・・・あらゆるアイテムに刺繍が施されていました。

ただ、当時の刺繍機は現在のように多色対応ではなく、一度に1本(1色)の糸しか立てられませんでしたので、5色のデザインであれば、最低5回は糸を載せ代えなければなりませんでした。

そこで開発されたのが、「糸繋ぎ機」(名称不明)。

これは、1つのデザインの中で使われる糸の量をある程度計算しておいて、赤:3m-白:2m-緑:6m・・・と設定してやると、その分量を順番に繋いでいって、1本の糸にしてしまうという物です。

赤の部分が終わった所で残った赤糸を引っ張って白糸の始まりまで持ってくる・・・。

これだと載せ代えの必要がありませんからかなりの効率アップ!

そうこうしているうちに多色機が発売されて・・・。

ワンポイント刺繍が爆発的に売れた時代背景によって、新しい技術が発明されたんですね。

そんなワンポイント刺繍が復活してきています。

新しい時代の幕開け?ターン終了?なのかもしれません。
by ykm94731 | 2005-11-28 07:43 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
なんかいっぺんに「冬」になっちゃいましたねえ?

仕事の方も・・・寒。

「・・・死して屍拾う者なし・・・死して屍拾う者なし・・・」 ???寒


さて、春物の生産を目前に控えて、変更・修正や材料の手配でバタバタ・・・。

「新規開拓!」の作戦・材料作り・営業・・・。

いっぱいしなくちゃいけないことがあって・・・。

去年の今頃は、創業以来初めて?の閑散期の到来でアタフタしてましたが、今年は「また、この時期が来たかあ・・・」って感じで・・・

いろいろ不安はありますが、得意の開き直りで気分的にはちょっとましかなあ?

とりあえず、停まっちゃうと不安になるので、精一杯出来ることをやってます!


来年の春・夏のサンプル作りをして感じたのは、かなりの「クールビズ」傾向。

すっごく加工があっさりしてて、カッコイイ!

しかしながら、我々加工屋にとってはこれが致命的!

あっさり・スッキリ=単価が安い

時代の流れ的には仕方ないのですが、もっとコテコテなものも必要じゃないでしょうか?(笑)

かと言って、コテコテに刺繍が入った服は、個人的には買いませんが(爆)。

ただ、数量的には結構増えてきてますので、まあ何とかなるかなあ?って楽観してます!

今の時期、皆さん同じような悩みを抱えてらっしゃると思いますが、(うちだけ?)

ポジティブに!国内の繊維業界の景気回復・活性化のためにがんばりましょう!


次回からは、皆さんと刺繍のお勉強をしたいと思います。
by ykm94731 | 2005-11-16 21:36 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
昨日、お客さんといろいろ業界の話をしている時に・・・

お客さん「○○っていう刺繍屋知ってるか?」

刺繍屋「大会社ですよね!中国にも進出してる・・・。」

お客さん「あそこは上海を基点に、去年から4箇所で日本風の焼き肉屋を始めて、それが上手いことあたったらしいで」

刺繍屋「えーっ!?2足の草鞋ですか・・・」

お客さん「本業よりも焼肉の方が儲かってるらしいで・・・」

刺繍屋「そうですか・・・」

お客さん「あんたはまだまだ若いねんから、そういう選択もあんねんで!」

刺繍屋「・・・」


うちの工場がある青島はまだまだ田舎ですが、現在都市開発が急ピッチで進められています。

日本企業の進出も目まぐるしいものがあります。

日本料理店は知っているだけで2軒・・・焼肉屋はたくさんありますが、全て韓国風・・・

美味しいけど、日本人にはやはり日本風・・・うーん?

揺れ動く「刺繍屋」・・・いったいどうなってしまうのか? 

to be continued・・・



って、そんなことにはならないと思います・・・多分(笑)。
by ykm94731 | 2005-11-12 01:45 | 戯言(たわごと) | Comments(0)
昨日は、京都のプリント屋さんへ「勉強」のため行ってきました。

初めて伺ったのが、去年の年末。

以来、取引をしながら約1年ぶりの訪問(汗)でした。

電車に揺られながら約1時間。

街灯もない道をトボトボ15分・・・「この道で合ってるンやろか?」

不安にかられていると、遠くに学校のような建物が・・・。

こんな感じやったなあ・・・懐かしい!

電話ではいつもちょっと「怖い」んですが(笑)、会ってみるとなんとも言えず暖かい社長さんで・・・。

それから、いろいろ「お勉強」・・・。


大きな会社で、100%自社での加工・・・しかも、どんなものでもこなす・・・素晴らしい。

現在、加工業はブローカー体質(100%外注)のところが多く、納期・コストの面で苦しめられるところが多いのですが・・・。

うちは、自社加工約90%くらいでしょうか?出来ないことが多いので(汗)、とても100%なんて訳にはいきません。

現状は、外注さんを養っていけるほどの仕事も無いですし・・・。


そうこうしているうちに、社長さんが「お腹すいたやろ?」と、うどんを作ってきてくださいました。

ちょっとビックリしましたが・・・すっごく美味しかったです。

そのあたたかさに感謝!

でも、ミニのカップだったので、余計にお腹がすいちゃいましたが(笑)。
by ykm94731 | 2005-11-11 07:30 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(1)
サンプル強化?月間も今日でほぼ終わり・・・長かった。

本生産もいっきに暇になっちゃいました・・・悲。


うちは12人の社員構成の小さな町工場ですから、社長・専務といった上下関係はありません。

ちなみに僕は社内で「お兄ちゃん」と呼ばれています。

他に、非常勤でうちの妹・嫁・娘・息子・・・まさに家内制手工業(笑)。

サンプル時はこれでも手が足りないくらい・・・。


毎朝ミーティングをして、僕が一日のスケジュールを立てます。

それでも、「飛び込み」の仕事があったり、材料仕入れを忘れたり・・・日々冷や汗モンです。

サンプル時は特に顕著で(笑)、僕がおっちょこちょいなのでいろんな「忘れ物」をしてしまいます。

糸買うの忘れたり、生地を買うの忘れたりはしょっちゅうなんですが(汗)

今回ひどかったのは、加工の順番を間違えてしまったこと。

先に、他所の刺繍屋さんで特殊加工をしてもらって、その後うちで加工する予定だったんですが、それを忘れてて・・・出荷時に気づいて・・・納期がせまっていたので時間はないし、プリントが入っていたので「もう一度やり直し」って訳にはいかないし・・・。

結局、うちで入れた刺繍をほどいて、最初から順番どおりに・・・なんとか収まりましたが・・・。

あってはならないことなんですが、毎日がバタバタなので・・・。(言い訳)

それと、うちのお客さんはだいたい同じ日程で展示会があるので、サンプルも本生産もバッティングしてしまって・・・。(言い訳)

そのうち2社のお客さんは、一回の展示会で5~9色展開のものが約30~40品番くらいになっちゃいますから、こなすのも相当なモンです。

そんな忙しい日々でしたが、協力工場の皆さん、社員のみんなの協力でなんとか終わりが見えてきました。(感謝)

まさに「一丸となって・・・」って感じで、思い通りにみんなが動いてくれてスムーズに回ると「カ・イ・カ・ン」です。

あとは結果を待つだけなんですが・・・「没」が多いので、油断出来ません(笑)。

保険でもあればねえ?
by ykm94731 | 2005-11-05 08:05 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)