ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

うちのお仕事はカテゴリー的に?アップリケ刺繍が多いです。

で、アップリケと言えば金型!
d0061489_19234675.jpg
職人さんがステンレス鋼を手で曲げて行って形成し、回ってきたところで最終的に溶接。

結構丈夫で、定番的に十数年以上使っているものもあります。

ただ、やはり経年劣化で刃がこぼれたり、溶接部分が割れてきたり・・・ある程度仕方のない事なんです。

先日、アップリケ刺繍の加工をして、出荷前の検針時に引っ掛かった一枚。

ハンディー式の検針器に持ち替えて、場所の特定をするも、反応しない?

しかし、ローラー式ではピーピー!

小さな強力磁石を使って、場所を特定!

(磁石をビニール袋に入れて、そろそろと動かします。金属を探知したら、そこで磁石がピタッと止まります。)

その部分の刺繍を解いてみると・・・アップリケ生地に小さな金属片が・・・。(汗)

金型の破片でした。

針じゃなくても金属が出たらアウト!

完成品になった段階で、お客様の方で検針はされるので大丈夫かとは思いますが、それでも信用を失ってしまいます。

「これからは縫う前に。型抜きが終わった段階で検針しましょう!」

「ワッペンも縫いつける前に検針しましょう!」

まあ、何年やってても、学ぶことは多いです。(苦笑)
by ykm94731 | 2012-08-27 19:37 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(2)
やましいことをしている訳ではありません。(笑)
d0061489_1837413.jpg
昨日は初の試み?

いろんなパンチングソフトを持ち寄って、比較検証!

刺繍屋さんやパンチ屋さんで使われている刺繍データ作成ソフト。

主なところで・・・

メジャーなWilcomやパルス、EOS、ノバ。うちが使っているマニアックなGunoldやビッツ&ボルト?

どれが一番やねん?ってことで、様々な事例をあげながら検証しました。

結果的にはどれも大差無し!

ただ、ソフト会社のテーマ?アプローチが違う?(苦笑)

「面白いけど、こんな機能いるのか?」「それよりも安くしろ!」とか、致命的なバグ?(爆)

ワイワイと面白かったですねえ?


僕の私見としましては、いくら便利になっても、やはり人間が手間を掛けねばならないところがあると思います。

まあ、その一手間こそが、それぞれの会社さんのカラーであり、ノウハウだと思います。

データを与えれば、全自動で完成!どこの刺繍屋に頼んでも、同じ物が上がって来る・・・。

そんな時代が来たら、逆に刺繍業も終わりでしょう。

以上、詳細はまた別の機会にでも・・・。


by ykm94731 | 2012-08-19 18:59 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
毎年恒例、休み前のバタバタ・・・ラスト1日となりました。

今夜はバンドの練習もあったりして・・・。

なので、たまには手を抜かしてもらって?再放送です。(笑)


「ワッペン作成講座」

さて、一般的な、刺繍で縁をくくったワッペンです。

まず、加工に使う不織布ですが、ヒートカット出来るものを用意します。

紙は焦げちゃいますし、ビニール芯では刺繍のテンションに負けちゃいますので・・・。

「知らない」って方は丸玉屋さんにお問い合わせください!うちの名前を出してもらえば安くなるかも?(爆)

また、そんな専用の不織布じゃなくても、入手し易いポリエステルサテンなんかでも代用可。

縁かがりの刺繍カラーに合った色目があれば、その方が綺麗に仕上がりますし・・・。

で、枠に不織布をセットします。通常、うちは原反枠に張りますが、取りあえずサンプルですので、刺繍枠で・・・。

しっかり「ピーン」と張ってくださいね!これで仕上がりが変わります!
d0061489_1941462.jpg
ここから刺繍スタート!まず、ワッペンの材料(事前に型抜きしておきます)を貼る案内線を縫います。
d0061489_19443758.jpg

今回の場合はあてはまりませんが、ほつれ易い素材の場合は、裏に芯を貼ってから型抜きしてくださいね!

うちはダイアミドフィルム(ホットメルト)という両面接着芯を使ってます。

ほつれてボロボロがいいねん!って方はそのまま・・・。(笑)

案内線に合わせて、ワッペン生地をスプレーボンドで固定。それから縁を刺繍でかがっていきます。
d0061489_19494663.jpg
端からワッペン生地がはみ出さないように、データは型より少し大きめに作るのがポイント!

で、刺繍機での作業完了!
d0061489_19522587.jpg
ここからは僕の苦手なヒートカット。(汗)かなり上手・下手の差が出ます・・・。
d0061489_2093126.jpg
そうそう!アイロン接着ワッペンにする場合は、ヒートカットする前に、サーモライト等の熱接着フィルムを貼ってくださいね!

で、半田ごてを使って、不織布と刺繍の境界線をカットしていきます。

基本は一筆!こてを滑らかにすべらせます。止まってしまうと、そこだけ溶け過ぎて×。難しいですよねえ?

それから、半田ごては、これくらい先が細い方が、繊細な形にも対応出来て扱いやすいです。
(これは加藤エンブ織物さんが販売されています。)

刺繍糸はレーヨン糸を使ってますので、熱では変質しません。注意点は、下糸!たまにウッカリするんですが、

スパン(ポリエステル)糸は溶けちゃいますので、カタン糸(綿)を使ってくださいね!

上糸にもアクリル、ポリエステルは使用不可です。

で、ようやく完成!(ふう)
d0061489_19565648.jpg
ワッペンは、こんな風に作ってます。結構手間掛かってるでしょ?(笑)

それに、半田ごてで一枚一枚カットしてるってのも驚かれたのでは?

これだけはどうあがいても自動でカットとは行きません!

そんな機械を発明できたら、孫の代まで遊んで暮らせるかも?(笑)

以上、参考になりましたでしょうか?・・・刺繍屋のワッペン教室でした・・・。


実は、このヒートカットをレーザーを使って自動カットする機械があるんです。

台湾製だったかな?デザインを認識して、そのアウトラインに沿って・・・凄いことなんですが、

まだまだ、日本の市場では通用しないような仕上がりレベルでした。

でも、僕みたいな下手っぴには必須かな?(爆)

by ykm94731 | 2012-08-10 17:28 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(2)
なので、尊敬出来る人としか、お仕事しません!

まあ、実際はそうもいかないんですけど・・・。(苦笑)

今日は公私ともにお世話になってるプリント屋さんの展示会へ・・・。

自社ブランドを立ち上げていらっしゃって、僕の目指す加工屋さんです。
d0061489_22314146.jpg


More
by ykm94731 | 2012-08-09 22:40 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
先日の刺繍祭り以来、行方不明になっていたあの逸品。
d0061489_19434025.jpg
実はうちにありました。

このまま高値で売って・・・そう思っていた矢先、神様にバレちゃいまして、「返却せんか!コラ」ってことで、

本日慌てて出荷!

名残惜しいのですが、地獄に送られちゃったら元も子も無いですから・・・。(大爆)

しかし、何度見てもウットリ・・・3Dの躍動感ある龍と文字・・・そして、雲海の絶妙な表現。

タイガーさんも川﨑さんもほんと凄い!

職人技炸裂!って感じ。

まあ、人間としても・・・いろんな意味で凄い方達ですけど・・・。(苦笑)
d0061489_2044343.jpg

次回はその川﨑さんも参加予定・・・。

ジャガード職人は肩身狭いなあ・・・伸之介さんに付いて行くためにも、拡声器用意しないと!(爆)

さあ、ボチボチ実験教室・・・ですね?頑張ります!
by ykm94731 | 2012-08-08 19:58 | 戯言(たわごと) | Comments(4)
忙しいような、暇なような・・・一日の中で、移り変わりが激しく、疲労度高。

もうすぐ盆休みのこの時期は毎日がハラハラ。

「盆明けでいいよ!」って言ってもらえると気分的に楽なんですが、今は「盆の間に縫うから・・・」

外国人研修生をおいてらっしゃる縫製工場さんが多いので、致し方ないのですが・・・。

「たまには休もうよ!」って感じ。(苦笑)

さて、先日ヒマワリの種を入手しまして、7月末に種を播きました!

開花予定は10月・・・咲くのか?って感じなのですが、ちょっと願掛け的なこともありまして・・・。

で、ようやく芽が出ました!
d0061489_209261.jpg
ヒマワリって言う花は、「元気」の象徴のように思えまして、季節外れは承知しておりますが、何としても咲かせたい!

d0061489_2015556.jpg
「第二回浪花の刺繍祭り」を成功させるためにも・・・。(爆)

まあ、花びら占いみたいに、咲かなかったらヤバイって訳じゃないんですけどね。

そういうことでモチベーションが上がる、単細胞な奴ですので・・・。

皆さん、大輪の花を咲かすことが出来ますよう、一緒に祈ってやってくださいね!

そして、イベントの大成功を!
d0061489_20171938.jpg

by ykm94731 | 2012-08-07 20:18 | 戯言(たわごと) | Comments(4)
休止状態のBLOGを復活させるのって難しい・・・ネタも無いし・・・。(苦笑)

でも、業界の活性化、日本の底力を見せるために、頑張らねばなりません!

ということで、更新頑張ります!

過去の記事からお役に立てそうなものをピックアップしながら・・・。(爆)


「ワッペン取り付け講座?」(2010年7月11日)

ワッペンの取り付けって、「縫製屋さんが本縫いミシンetc.で」ってのが一般的だと思いますが、

複雑な形になるとお手上げらしく、最近は「ワッペンを作って取り付けまで」ってのがうちのお仕事。

いろんな付け方があるかと思いますが、外周のサテン振りの内側を縫うのが一番綺麗だと思います。

サテン振りの上を縫ってあるのをよく見かけますが、あれだと刺繍部分が割れてしまって、あまり美しくない!

かと言って、あまり内側を縫うのも目障り???

なので、サテン振りに沿うように際々を縫うのがベストポジション!

まず、ワッペンをセットする案内線を縫います。
d0061489_18175815.jpg
ワッペンと同じ形を縫って、あとからその線をほどくっていうやり方をされるところも多いみたいですが、

糸をほどく際に、生地を傷つけてしまったり、いろいろ面倒です。

うちの場合は、実際に留め付ける線と同じ線を案内線として縫って、それに合わせてワッペンをセットします。

「どうやってるの?」って、よく聞かれますが、目分量というかある程度「勘」ですね!(笑)

で、縫いつけます。
d0061489_18181660.jpg
ここで、外のサテン振りに乗り上げたり、逆に隙間があいてしまったりしないようにってのがポイント!
d0061489_1818321.jpg
横振りの上手な職人さんが居ればそんな苦労しなくていいんですけど・・・。(苦笑)

自社にあるものだけで、どう上手く対処するか?

ある意味それも拘りかと?(爆)

あと、必ず現物のワッペンに合わせてデータを作ること!

刺繍ってのは少なからず変形(伸びたり縮んだり)してますので・・・。



そんな気持ちでお仕事をさせてもらってます。

「ワイルドだろう?」じゃなくて、「丁寧でしょう?(笑)」・・・以上。
by ykm94731 | 2012-08-06 19:07 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(6)
皆様、ご無沙汰しております!

早速ですが、第2回浪花の刺繍祭りの日程が決まりまして、いよいよ始動です。

11月2、3、4日の3日間、前回と同じスポニチプラザさんにて開催予定です。

賛否両論あった第1回目でしたが、私個人としましては上出来だったと自負しております。

低迷するアパレル・2次加工業界を活性化するべく、有志一同が集結し、「刺繍」の良さをエンドユーザーに伝える!

前回と変わらず、主な主旨はそれに尽きます。

現在、参加者を公募中で、自薦他薦は問いませんので、「我こそは」という方、ご一報願います。

メールアドレス info@nekoshima.co.jp まで、ご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。

尚、ご案内が遅くなりましたが、今回の企画・広報担当をすぎえ刺繍さんと共に務めさせて頂く猫島です。

今回の成功に向けて、企画・広報活動に励みたいと思っております。

まだまだ若輩者ですが、一生懸命努めて参りますので、暖かい目で見守ってやってください!

また、様々なご意見・ご要望等も頂戴したいと思いますので、何卒宜しくお願い致します!
by ykm94731 | 2012-08-06 07:46 | 刺繍屋のお仕事