ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

タグ:ワッペン ( 5 ) タグの人気記事

先日のスパンコールワッペンの仕上げです。

刺繍自体はミシンがやってくれるので、どんどん出来て行くんですが、これをワッペン状態にしないと・・・ねえ?(苦笑)

裏にシール用フィルムを貼って、半田ごてでヒートカットして行きます。
d0061489_18432040.jpg
僕は下手くそなので、妹さんの仕事になります。

カットが終わったら、離型紙にワッペンを移し替えて完成。

同じものばかりでも面白く無いので、迷彩柄の昇華プリントをしたものもご用意。
d0061489_1843762.jpg
最終的に1,000個程になり、母と妹と3人で、丸1日の作業になってしまいました。(汗)

ミシンがどんどん進化していっても、刺繍っていうのは、まだまだ人の手が必要なんですよ~。

しかし、フェアが目前に迫っているのに、大丈夫なんだろうか?

まあ、なるようになるさ!・・・ねっ!(笑)
by ykm94731 | 2015-09-06 18:50 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
季節物生産の狭間となるこの時期は、どうしてもワッペンのような付属品のお仕事が多くなります。

リスクは少ないんですが、難しい物も多く、意外と手間です。

安く思われがちですが、それはロットがあってこそ!

身生地にダイレクトのアップリケ刺繍の方が、後工程を考えると安いかも?

で、今日はチュールを使った刺繍ワッペン。
d0061489_190063.jpg
薄くて柔らかいの素材ですので、扱いが難しい・・・。

水溶性の不織布に載せて刺繍してみたり、いろいろやってみましたが、結局刺繍枠にパチッとはめ込んで、

何も敷かず、チュールにダイレクトに刺繍して、縁周りをヒートカット。

口で言うのは簡単ですが、パンチも含めて、かなり難易度高いです。

で、柔らかな風合いで、イイ感じに出来上がったんですが、このフニャフニャ度はかなり・・・。

だってお客さんのご希望だし~!(ボソボソ)

縫製屋さんで叩き付けるとのことらしいのですが、たいへんでしょうねえ?(苦笑)
by ykm94731 | 2011-10-19 19:06 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(4)
今日は平和な一日のはずだったのに、某スポーツ系アパレルさんのお陰で・・・。(苦笑)

時期的には来秋冬のパンチ依頼が来てるはずなのですが、いっこうに現れず・・・遂にクビ?とか・・・。

うちはデータを作るだけで、実際縫われるのは商社さん手配の各工場(主に中国)。

朝からメールや電話で・・・

「〇〇のデータ上がってます?」

「・・・すみません、パンチ作製の依頼自体が来てないんですけど・・・」

何も来ていないのでどうしようもありませんよねえ?(苦笑)

で、実際デザインを作る担当者の方が中国出張で・・・まだデータが出来てないとか?

明日くらいにデータが送られてきて、「納期いつになります?」って感じになるんでしょう。

休み前にやめてよ~!って感じです。(怖)


さて、昨日mamaさんよりご依頼?のありました、ワッペン講座・・・行ってみましょうか?(笑)

おいおい、暇なのか?

・・・。

パンチング講座 その8?
by ykm94731 | 2010-11-19 18:35 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(14)
昨日あんなに頑張ったのに・・・今日も超多忙な一日でした・・・みんな休みましょうよ~!(苦笑)

まあ、サンプルもまだまだこれからですねえ・・・。

うちのお得意様のサンプルもまだまだ序の口・・・昨年は100を越える品番数でかなり辛い毎日でしたが、

今回は?・・・それでも50は超えてる・・・いやいや、品番数はそんなに要りませんからね・・・。(爆)


さて、今日は第2回ワッペン講座!と言っても、昨年やっちゃいましたから、今日はちょっと気になったことを・・・。

第1回ワッペン講座

ワッペンの生産って、ワッペンシートを原反で張って、一気に作っちゃいますよね?数百、数千?

で、出来上がってみて、裏を見たら「あ~・・・やってもうた~」ってありません?

ちょっとしたことで、後の作業が大違い!今日はそんなお話・・・。
d0061489_18574748.jpg
まずはワッペンの基布になる生地をセットするための案内線を縫います。

ここで重要なのが、なるべくワッペンの内側から縫い始めること。
d0061489_1859269.jpg
そして、案内線を縫った後も、糸を切らずにそのまま・・・。

何故そんなことを?

ワッペンが出来上がってから、検品・ワッペン裏の掃除!しますよね?

出来ることならそういう後処理を楽にしたい!

だから、縫い始め・縫い終わりを出来るだけワッペンの内側にもってきます。

刺繍の裏って、どうしても糸の出入りで汚くなっちゃいますから・・・。

でも、こうすることによって、後の手間が全然違います。

極端に言うと、表から見た時に、糸が外にハミ出していなければOKなんですから・・・。

でも、もし糸が見えちゃうなら、切らなくてはなりません。

多色で重なる場合なんかは、次の色で覆うように被せるとか・・・工夫すればいろいろ。

どうしても外側で切らないといけない場合は、出来るだけ同じ箇所に集めて・・・。
d0061489_1924645.jpg
この写真のワッペンなら、内側の文字の糸は外へハミ出ていませんので、下側に出た2色の糸をカットするのみ!

そうと分かってるんだけど、たまにやっちゃうんですよねえ・・・。(苦笑)

頭の中でシュミレーションしながらデータを作ってるんだけど、実際に出来上がってみて気づくことって多い・・・。

うちの怖いお局さんに、その都度注意を受けて、「今度こそ・・・」そう思ってやってるんですが、なかなか・・・。(爆)

ワッペンだけじゃなく、「刺繍の裏面」っていうのは刺繍屋の永遠の課題。

刺繍の表面だけじゃなく、裏面にも気を配って・・・糸を切り揃えたり、芯を綺麗に取り除いたり・・・。

新しい技術云々よりも、まずはそんなところが、「イイ仕事」として認めてもらえるところかも?

あっ、・・・気持ちを入れ替えて、明日から頑張ろうっと。(爆)
by ykm94731 | 2010-02-15 19:33 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(8)
ここ数日、夕方スタートでサガラ刺繍のワッペンを作っております。

たった30個のサンプルなんですが、うちのサガラ刺繍機は2頭機・・・なかなかのもんです。(汗)

しかも、現在使わせてもらえる刺繍機はコレ1台のみ。(滝汗)

毎日、他のサンプルを片付けて、出荷準備が出来たところでサガラワッペンにチェンジ・・・。

今日、ようやく終わりました!
d0061489_19401115.jpg
じゃじゃ馬でたいへんなミシンでしたが、年末にミシン屋さんに調整してもらってからすこぶる調子がイイ!

ミシン屋さん曰く、ソフトをバージョンアップしただけとのことでしたが、こういうこともあるんやなあ・・・。(笑)

もし、「うちのも調子悪いねん!」って方がいらっしゃましたら、ソフトの更新をお勧めします!

今までは「サガラ&チェーン」のお仕事は、得意の敬遠でしたが、お蔭様で一つ返事でお請けしております。

「でも、量産時はどうするの?」ってなりますが、頼りになる大先輩がいるので安心してます・・・ねっ!

このご時世、数がついて「こんなに沢山・・・どうしよう?」・・・逆にそういう心配をしてみたい。(苦笑)
by ykm94731 | 2010-01-20 20:10 | 環縫い(サガラ・チェーン) | Comments(2)