ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

今日は久々に?超多忙な1日でした・・・まだ終わらないけど・・・。(はあ)

まあ、引き続きサンプル地獄な訳ですが、毎度のことながら苦戦してます。

「刺繍+昇華プリント」

久々の実験教室です。

工程としましては、ポリエステルの糸で刺繍して、昇華インクで印刷したシートをその上に載せて、

熱プレスで転写プリントします。
d0061489_18475722.jpg
真っ白だった刺繍が、なんちゃって多色刺繍になります。

ちゃんとしたシートがあれば、そんなに難しい作業ではありません。

ただ、そのシートを社内で作成しているので、思うような色合いに仕上がらない。(涙)

ソフトを駆使して調色してるんですが、なかなかに難しい。

特に厳しいお客様?なので、なかなかOKが頂けない。(爆)

まあ、ようやくコツが掴めたかな?っッて感じ。

お遊びでフワリ刺繍にも転写!
d0061489_18535818.jpg
毛先にだけプリントが載ってるのがわかります?立ち上がった糸を潰さないように転写・・・不思議でしょう?

こうして比べてみると、同じデザインでも、刺繍っていろんな表情が出せるんだなあって、改めて・・・。
d0061489_1853401.jpg

d0061489_18513775.jpg
さあ、夜の部頑張ります!

今日も1日お疲れ様でした!
by ykm94731 | 2015-04-21 19:04 | 特殊加工? | Comments(0)
11月展に向けて、プロトサンプルを作っていたのですが、先週金曜がその会議!

なので、そこまで頑張れば・・・そう思っていたのに、ダラダラと続く依頼・・・。

で、今日も朝からパンチング。

よくある、チェーンステッチ風の刺繍。

大きいものや、ザックリとしたものなら問題ないのですが、小さなロゴ刺繍。

どうしてもアウトラインがガタガタしてしまうので、読めな~い!

じゃあ、どうします?

More
by ykm94731 | 2010-09-19 18:03 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(5)
ようやく週末ですねえ?

今週は展示会サンプルでごった返す予定?だったのですが、未だに生地が上がっていないものが大半らしく・・・。

来週が無茶苦茶怖い・・・。

まあ、そのお陰でいろいろ他のお仕事も出来て〇だったのですが・・・。

で、ボチボチ閑散期・・・まあ、何とか繋いでいますが、2~3日先位までしか見えません。(汗)

明日の土曜はお休みにしようか?などと思っていたら、急に入ってきたり・・・このお仕事って、ほんと・・・。

違う意味で胃が痛い・・・。

あっ、こんな時間にFAXが山のように・・・何でいつも週末になっちゃうんでしょう?(涙)


さてさて、最近では定番になってしまいました「アレ」の新バージョンが到着しましたので、ご紹介!

いつものがゴージャス or エレガンス系ならば、今回のはスポーティ or カジュアル?(笑)
d0061489_191253.jpg
初夏の香り漂う、いい色合い・・・ちょっとお菓子系?とっても可愛いです!

生成の紐に段染めの糸が絡まって・・・これも新しい段染め糸の使い方じゃないですか?

しかも、脂っこくないベストな見せ方!また、広がりましたね!

Good Job !!!

こんなにも短期間に、いろいろ「魅せて」頂いて、本当にありがとうございます!

でも、このプロジェクトはまだ始まったばかり!(ニヤリ)

ネーミングも考えないといけませんし・・・。

業界の未来のために・・・刺繍業に骨を埋めるつもりで頑張ってくださいね!木村さん!(爆)

木村企画様


・・・そろそろ僕も頑張らないと・・・そう思っています!(笑)

では、また明日!
by ykm94731 | 2010-04-16 19:54 | 特殊加工? | Comments(4)
クイズ!「これな~んだ?」
d0061489_19295631.jpg
新種の生物とかではありません。(笑)

岡山の伸之介さん考案の新しい手法の刺繍です。
d0061489_19301684.jpg
従来のいわゆる「金駒」とは違う、全く新しい刺繍の誕生です。

単純なロゴの図案から、こんなにもゴージャスな刺繍が上がってきて、お客さんも大絶賛でした!

ボリューム感といい、立体感といい・・・さりげなく見える金色が上品で・・・素晴らしい!

ありがとうございます!これでバリバリ営業させてもらいますよ~!

仕事面でもブログネタ的にも助かってます!(爆)

木村企画さん

ところで木村さん、この手法の名前どうします?

マーケティングの見地からも絶対必要!

有名な刺繍はみんな名前が付いてます。

昔からあるものでも、違う呼び方だったら・・・そんな手法も沢山あります。(苦笑)

みんな名前に惑わされるんです。(爆)

ここで格好イイ名前募集!

採用させて頂いた方には、岡山名産の〇〇をプレゼント!(爆)


さて、苦労したチェーンステッチのサンプルも無事出荷できました!
d0061489_1933196.jpg
トリコロールカラーは本物チェーンで、☆は偽物!(爆)

わかります~?(注: 星の形をシャープに出したかったので・・・決して手抜きではありませんよ~。)

とりあえず、一仕事終えてやれやれ・・・。

でも、サンプルはまだまだこれから・・・なんですが、今日は疲労困憊で・・・。

お先に・・・お疲れ様でした!

また、明日から頑張ります!
by ykm94731 | 2010-04-14 19:42 | 特殊加工? | Comments(8)
今日も頑張った割には・・・。(汗)

なかなかイイ案が浮かばず・・・そんなにネタもないしねえ?(苦笑)

で、今日の成果は・・・。
d0061489_20493044.jpg
過去に作ったものですが、こんな感じのモチーフを、そのままポケットにしてはいかがでしょうか?って・・・。(笑)

チェーン風ステッチで、天竺目を表現。

「結構可愛いやん!」とかって思ってますが・・・。

・・・気を取り直して、明日ですね・・・毎日同じこと言ってる・・・。(苦笑)

今までみたいに、「レーザーカットで」、「フワリ刺繍で」・・・単体では勝負できなくなってしまった今、

残されたのはセンス?( ̄▽ ̄;)

今さらながら、提案するって難しい・・・。
d0061489_20575999.jpg
早く、こんな感じの笑顔になりたい!(笑)
by ykm94731 | 2010-04-05 20:58 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(13)
早くも5月展の各色サンプルの依頼が出て来まして、一週間程ゆっくり出来る予定が全然・・・。(苦笑)

4月に入るとGWを意識しなくちゃなりませんので、「早め早め」は有難いのですが、

昨年末からサンプルが続いてますので、ちょっと一息入れたいなあって・・・。

来春向けのプレゼン資料も作らなくちゃいけないし・・・ほんと、この仕事って終わりがない。(はあっ)


さて、昨日の記事に力を入れ過ぎまして、今日はな~んも書く気がしない・・・。(汗)

なので、他力本願。(笑)

先週お願いした金駒のサンプルが上がって来ましたので、ちょこっとご紹介。
d0061489_19154098.jpg
繊細な色使いの美しさといい、立体的な表現方法といい、何も言うことはありません。

毎度のことながら、黒ベタの絵からよくぞここまで・・・。

素晴らしい!

木村さん、Thanks!

では、また明日~。(爆)
by ykm94731 | 2010-03-31 19:24 | 特殊加工? | Comments(2)
今日久しぶりにボーリング刺繍(カットワーク)の依頼がありました。

先日も、E-刺繍工房さんが解説しておられて、「凄~い。感心感心!」と人事みたいに見てましたが、

もしかして流行ってる?いや、これから流行るの?(汗)

で、とりあえず工程を「思い出す」ために、今日は有型で予行演習をしてみました!(笑)

まず、ボーラーのセッティングで必要なメス。
d0061489_214507.jpg
うちが使っているのは、GUNOLD社製VENERE CUTTER NEEDLEです。

針先は針の太さ程の彫刻刀の平刀みたいになっています。

他社のボーラーと違い、針板の交換は不要で、針の交換だけで済むという優れモノです。

針を抜いて、このメスをセットします。
d0061489_2175031.jpg
4本のメスを使うというところがポイントでして、縦・横・右斜め・左斜めとセットします。

(これを4本使わないと、特許に抵触して、某刺繍屋さんから怒られます。(爆))

4本も交換するのは面倒なようですが、お陰でデザインに対してかなり忠実なカットが可能になります。

今回使用する刺繍データはこんな感じ。
d0061489_21133833.jpg
何か複雑ですねえ・・・。(苦笑)

カットする部分は普通のランニングステッチ(線)で作ります。
d0061489_211571.jpg
その後、「この部分をカットしてね!」と、ソフトに教えてやると、自動的に4つに分割してくれます。

今回の場合だと、青い部分は縦向きの針、黄色い部分は横向きの針を使ってね!・・・ってな具合に。

自分で分割するとなるとたいへんですが、この辺りは同じGUNOLD社製ですので・・・。

では、作業スタート!
d0061489_2118819.jpg
まず、カットする部分を囲みます。これは、生地と下の芯地を密着させて固定するため。

ピーンと張っていないと、メスが降りて来た時に、生地を下へ押し込むようになって上手くカット出来ませんので・・・。

そしてカットです。

4つのメスを使って、結構上手くカットしてくれます。

それからカットされた不要部分を取り除いて、縁を荒くかがっていきます。

カットされた部分の内側まで縫いが入っていますが、この位いかないと、綺麗に縁をかがることが出来ません。

そしてデザインが仕上がってからの強度保持のために、カット部分に飾り兼補強のステッチを・・・。

生地も何もないんですが、上手く縫えるんですねえ・・・ちょっと不思議な感じ・・・刺繍屋のくせに?(苦笑)

カットの工程が終わり、「仕上げをご覧じろ」の段階です。
d0061489_21291714.jpg
今回は刺繍部分を強調するために、1.5mm厚のウレタンを載せました。

で、ようやく完成です!
d0061489_2130272.jpg
約1時間程で、意外とスムーズに・・・。

とりあえず復習が完了しましたので、御依頼頂いた新規のデータを作らないといけないんですが・・・

あまり嬉しくないのは何故?(爆)
by ykm94731 | 2010-03-30 21:50 | 特殊加工? | Comments(10)
魔の週末・・・何とか終了!

毎週、週末になるとドドーンとサンプルを積まれて・・・何故に週末?(汗)

明日は珍しく、ちょっと予定がありまして、かなり焦っていました・・・ふう~。


さて、一昨日の応用編?ということで、「ひねりを加えた何とやら・・・」

こんな感じのデータを作ります。
d0061489_195460.jpg
わかりにくい?では、拡大図です。
d0061489_1952837.jpg
前回の丸くないバージョンです。(笑)

扇の交差する部分を頭に描いてみてください!

縫ってみると真ん中の部分が何重にも重なっているので、ボコッと盛り上がります。

今回は、より盛り上がるように、ちょっと一工夫。

別色でサテンステッチ(ウレタン入り)を入れてみました!
d0061489_19163857.jpg
d0061489_1974441.jpg
中のサテンステッチが盛り上がっているので、かなり立体的です。
d0061489_19101193.jpg
フレームみたいに使えますね!

是非、試してみてくださいね!

やってみたい!っていうお客様、お申し付けくださいね!ちょっと古いけど・・・。(笑)

では、また明日!
by ykm94731 | 2010-03-27 19:18 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(2)
今日、猫珠さんのページを見ていて、ふと思った。

刺繍での「丸」の表現って難しい。(猫珠さんがどうこうということではありません。ごめんなさ~い。)

何故か?刺繍は伸び縮みがあるから・・・。

刺繍は糸方向に対して垂直方向に伸び、水平方向に縮むので、「丸」を作る時は通常「楕円」に作ります。
d0061489_20142675.jpg
垂直方向は糸の押し合い、水平方向は糸の張力(テンション)ですかね?

ただ、それを意識して作っていても、生地や糸等の条件で仕上がりが変わります・・・結構、厄介なんです!

なので、デザインにもよりますが、こういう方法もありますよ!ってことで・・・。
d0061489_20361918.jpg
向かって左がノーマルな刺し方で、僕がよく使うのが真ん中。右はさらにマニアックに・・・。(笑)

右端のを分解するとこんな感じ。
d0061489_20213648.jpg
面倒なようですが、モチーフを使えば簡単!

実際に縫ってみると、こんな感じ・・・。
d0061489_20223422.jpg
放射状に糸を渡らせるので丸の形が崩れにくいですし、糸が何重にも重なるために、ボリューム感も出せます。

この方法を使って、こんな感じの表現はいかがでしょうか?
d0061489_20242946.jpg
余計なお世話ですかね・・・。(苦笑)
by ykm94731 | 2010-03-25 20:29 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(9)
先日作ったサンプル
d0061489_13481818.jpg
どうもお客さんとの打ち合わせが曖昧だったので、もしかしたら間違ってたのでは?(汗)

そんな気がして・・・余計なことかもしれませんが、とりあえず来週の会議用にスワッチを・・・。

いつもの「コードピンタック風刺繍」です。

まず、ベースのあて布を敷き、その上にウレタンを載せて刺繍していきます。
d0061489_13472946.jpg
最終的に膨らませる部分を刺繍で包み込むように・・・。

刺繍が終わりましたら、ぺりぺりとウレタンを外します。
d0061489_13493944.jpg
この時、土台に張った芯からあて布が外れないように、丁寧に・・・取り除いたら、その上に本体生地を載せます。
d0061489_13501472.jpg
あとは先ほどの膨らませた部分に沿うようにステッチ刺繍をかけていきます。
d0061489_13505058.jpg
膨らんだ部分にステッチがかかってしまうと、当然高低差が出ませんので、先ほどの「外す」工程が重要になります。

生地の厚みにもよりますが、おおよそウレタン部分から0.7~1mm外側を縫ってやると、ちょうどイイ感じになります。

それと刺繍の基本である「内側から作っていく」ということを忘れずに!

写真ではわかりにくいですが、結構「ボコッ」と盛り上がっております。

こうして1つのデザインを2つの手法を使って作ってみた訳ですが、指定とは違う攻め方をしてみるのも、

1つの「提案」の形でして、案外「それの方がいいじゃん!」ってなったりすることもあって・・・。

それに「このやり方、面倒臭いよなあ・・・」ってな場合にも有効です。(爆)

あっ、手抜きじゃないですよ~・・・みんなが気持よく仕事が出来るようにするための「提案」です。(苦笑)
by ykm94731 | 2010-03-21 14:08 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)