ブログトップ | ログイン

脱!刺繍屋

nekoshima.exblog.jp

大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望

タグ:3D刺繍 ( 5 ) タグの人気記事

昨日のお話の続きになりますが、「モコモコ」という手法を使ってのサンプル作りに明け暮れた毎日。

で、最終的にお持ちしたプレゼン用の刺繍がコレ。
d0061489_1924557.jpg
立体的な刺繍に表面変化もプラス。
d0061489_192562.jpg
平面部も作って、高低差を強調!

我ながら、よく出来たと・・・。(笑)

ただ、これも過去のデザインを立体的にリメイクしただけ。

デザインなんて出来ないし・・・僕に出来ることは、この手法をどう見せるのが効果的かを考えることのみ。

その手法をどう活かすかは、やはりデザイナーさんの経験とセンス。

毎度毎度「何か新しい手法ないの?」

新商品がポンポン開発出来る訳もなく・・・。(苦笑)

出尽くしてしまった感のあるこの業界。

そろそろ過去のものにも目を向けてみてはいかがでしょうか?

ということで、これから少しの間、忘れ去られた技術?をご紹介していきますね!乞うご期待!

しかし、光沢のある刺繍糸の美しさと様々な表面変化・・・刺繍に優る加工はないんじゃないの?

あっ!プリント屋さんに怒られるね・・・。(汗)
by ykm94731 | 2015-04-03 19:23 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
バタバタの終わりが見えてきたので、いろいろお片づけ中・・・。

で、懐かしいトレーナー発見!
d0061489_18394586.jpg

僕がアパレルさんに初めて営業に行って、採用してもらった加工手法。

もう、20年近くも前のことですが、半年間くらい同じ商品作って・・・BIGヒットでしたね。

その名は「モコモコ」(ゴーダEMBさんの特許技術)

分厚いフェルトのようなものを生地の上に載せて刺繍。

その後、アセトンっていう溶剤で溶解除去!

残るのは、膨らんだ刺繍のみ。中は空洞なので柔らか。
d0061489_1840547.jpg

この素晴らしい加工法をどう使うか?

まあ、ここまで辿り着くために、沢山サンプルを縫って、GODAさんからの加工上がりを待つの繰り返し。

たいへんだったけど、凄く楽しかった!

うん!とにかく初心に返って・・・実験教室頑張ります!(笑)
by ykm94731 | 2015-04-02 18:52 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
先日作ったサンプル
d0061489_13481818.jpg
どうもお客さんとの打ち合わせが曖昧だったので、もしかしたら間違ってたのでは?(汗)

そんな気がして・・・余計なことかもしれませんが、とりあえず来週の会議用にスワッチを・・・。

いつもの「コードピンタック風刺繍」です。

まず、ベースのあて布を敷き、その上にウレタンを載せて刺繍していきます。
d0061489_13472946.jpg
最終的に膨らませる部分を刺繍で包み込むように・・・。

刺繍が終わりましたら、ぺりぺりとウレタンを外します。
d0061489_13493944.jpg
この時、土台に張った芯からあて布が外れないように、丁寧に・・・取り除いたら、その上に本体生地を載せます。
d0061489_13501472.jpg
あとは先ほどの膨らませた部分に沿うようにステッチ刺繍をかけていきます。
d0061489_13505058.jpg
膨らんだ部分にステッチがかかってしまうと、当然高低差が出ませんので、先ほどの「外す」工程が重要になります。

生地の厚みにもよりますが、おおよそウレタン部分から0.7~1mm外側を縫ってやると、ちょうどイイ感じになります。

それと刺繍の基本である「内側から作っていく」ということを忘れずに!

写真ではわかりにくいですが、結構「ボコッ」と盛り上がっております。

こうして1つのデザインを2つの手法を使って作ってみた訳ですが、指定とは違う攻め方をしてみるのも、

1つの「提案」の形でして、案外「それの方がいいじゃん!」ってなったりすることもあって・・・。

それに「このやり方、面倒臭いよなあ・・・」ってな場合にも有効です。(爆)

あっ、手抜きじゃないですよ~・・・みんなが気持よく仕事が出来るようにするための「提案」です。(苦笑)
by ykm94731 | 2010-03-21 14:08 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
今日は、久しぶりに3Dフォームを使った立体刺繍です。

帽子なんかで「ボコッ」と盛り上がった刺繍がありますよね?あれです。

作業は簡単!ウレタンフォームを本体生地の上に載せて刺繍するだけ。
d0061489_15334715.jpg
約5mm厚程ありますので、「縫えるの?」ってなりますが、案外スムーズに縫えます。

これもいろいろ種類がありますが、大別すると「硬いか柔らかいか」のどちらか。

硬いほうがしっかり膨らみますし、扱いがいいです。

刺繍糸はソフテーヌ120d/2で、どちらかといえば強度的に弱い糸ですが、別段糸切れもなく・・・。

強度的に優れたポリエステルじゃないと・・・という声も聞きますが???

まあ、要は「腕」です。(爆)

で、刺繍が終わったら、こんな感じに
d0061489_1535587.jpg
ペリペリと外していきます。そうすると、ウレタンが刺繍に包まれた部分が膨らんだ状態になります。

針が通っていますので、外す際に力も要りません。

また、硬いウレタンの方が「さくい」ので外し易いです。

刺繍が終わった後に、熱プレスで抑えるとさらに簡単に外れますし、エッジが効いて綺麗に仕上がります。
d0061489_1540496.jpg
仕上がりは硬いものになってしまいますが、何といってもこのボリューム感ですから、

気にならない部分で使用すれば、これはこれでまだまだ面白い!


さて、今日は今から姫路へ出動です!帰ってこれるのか・・・?(汗)

では、また明日~!
by ykm94731 | 2010-03-13 16:32 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)
床磨きは適度に終わって、資料整理をしていたら、懐かしいものを発見!
d0061489_219674.jpg
これは、いわゆる立体刺繍「モコモコ」です。

ゴーダEMBさんから資料を見せてもらって、「コレ面白いやん!」からスタート。

アセテート系の分厚いフェルトのようなものを載せて刺繍。

その後、溶剤を使ってそのフェルトのようなものを溶解除去。

そして、中空に膨らんだ刺繍だけが残る。

いろいろ実験的にサンプルを作って、加工していただき、最初にお客様にプレゼンしたサンプルがコレ。

僕の「提案」の始まりでした。

これが結構ウケて、あるアパレルさんで、かなりの数のアイテムに加工。

空前のビッグヒット商品?が出まして、約半年程ゴーダEMBさんにはお世話になりました。

うちもたくさん刺繍させていただきましたし、ゴーダさんにもかなりの加工をお願いしました。

こういう「提案」もありでしょう?

自社で加工出来ない商品ですが、お客様にとってプラスになればOK!

まだまだ埋もれた商材を探してみるのもイイかも?

自分にとっては全然見新しさが無くても、見る人・使い方によっては・・・化けるかも?

うちは大した特殊加工技術は持ち合わせていませんが、レーザーカット、フワリ刺繍なんかで

お手伝いできることがあれば、どうぞ使ってやってください!
by ykm94731 | 2010-02-02 21:27 | 特殊加工? | Comments(0)