大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望


by Nekoshima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フワリ刺繍 その4

仕事納めまで残り二週間を切り、いよいよ凄いことになってきました・・・。

考えてみれば、来週はもうクリスマス!

クリスマス店頭の春物がまだまだ社内に・・・。(滝汗)

でも、この時期に来て、「あーだ、こーだ」言われてもねえ・・・先月ならガバッと空けてましたのに・・・。(苦笑)


さて、「フワリ刺繍の秘密」その4です。(笑)

植毛してるかのようなその特性により、どうしてもコントラストが低くなりがちなフワリ刺繍。

また、細かいディティール表現や、「ピシッ」とした直線の表現も難しい・・・。

かと言って、糸密度を上げるといろいろ弊害が・・・。

じゃあ、どうすれば?

普通の平刺繍で、ある程度埋めた上にフワリ刺繍をのせます。
d0061489_1728993.jpg
わかりにくいかもしれませんが、ところどころその土台の刺繍部分が覗いて見えています。

クッキリと表現したい部分を普通の平刺繍である程度作っておいて、その上に飾り的にフワリ刺繍をのせる!

綺麗なデザイン表現が出来ますし、作業する私達も楽チン!

あっ、でもコストは下がらないんですよねえ・・・残念ながら。(爆)

フワリ刺繍は特別な機械刺繍ではありませんので、普通の刺繍との併用が可能です。

意外にも、そのことをご存じない方が多いので念のため・・・。

では、また明日!
by ykm94731 | 2009-12-15 17:57 | フワリ刺繍 | Comments(0)