大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望


by Nekoshima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

刺繍屋の苦悩 その136

先日のスパンコールワッペンの仕上げです。

刺繍自体はミシンがやってくれるので、どんどん出来て行くんですが、これをワッペン状態にしないと・・・ねえ?(苦笑)

裏にシール用フィルムを貼って、半田ごてでヒートカットして行きます。
d0061489_18432040.jpg
僕は下手くそなので、妹さんの仕事になります。

カットが終わったら、離型紙にワッペンを移し替えて完成。

同じものばかりでも面白く無いので、迷彩柄の昇華プリントをしたものもご用意。
d0061489_1843762.jpg
最終的に1,000個程になり、母と妹と3人で、丸1日の作業になってしまいました。(汗)

ミシンがどんどん進化していっても、刺繍っていうのは、まだまだ人の手が必要なんですよ~。

しかし、フェアが目前に迫っているのに、大丈夫なんだろうか?

まあ、なるようになるさ!・・・ねっ!(笑)
by ykm94731 | 2015-09-06 18:50 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)