大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望


by Nekoshima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

その斜めに意味があるのか? Part2

いやあ、忙しい毎日。
2・3月はアパレルさんの展示会シーズンですので、来客も多く、未だに正月ボケしている身にはキツイです。
「Blogも書かなきゃ!」って思ってるんですが、仕事が終わったら飲みのお誘いもあってねえ?(苦笑)
ということで、過去ネタを・・・タタミステッチの続きです。




さて、またまた埋める方向ですが。
先日、他所からもらったデータを見ていて、凄く違和感を感じまして・・・。
まあ、以下のような正方形のデータだったんですが・・・。
d0061489_213533100.jpg
こういう正方形の場合、横もしくは縦方向に埋めるのが普通です。
その際、刺繍の伸び縮みを意識しないと、下段のように変形しちゃいますので、そこを考慮して作らないと駄目ですよね?
出来上がりが正方形になるように、わざと長方形に作って・・・。
で、今回頂いたデータです。
d0061489_2141421.jpg
何故か糸方向が斜めになってるんです。
しかも、ろくに下縫いも入っていない・・・どうなるか?って、右のように菱形になっちゃいましたよ!(笑)
何でわざわざ斜めに・・・これでちゃんと正方形にしようと思ったら、どうパンチするの?
全く意味の無い挑戦だと思うんですが・・・。
もしどうしても斜めにこだわるんなら、こんな感じのデータ(青)じゃないと・・・。
d0061489_21461591.jpg
青のように、伸び縮みを意識して・・・それでも、素材に合わせた調整は必須でしょうけど・・・。(苦笑)
斜めと言えば、僕が駆け出しの頃?外注さんでパンチをお願いして、出来上がって来たデータがこんな感じで・・・。
d0061489_214801.jpg
タタミ自体は横方向なのですが、下歩きが斜めに・・・どこかの国の旗の刺繍だったと思いますが。
縫ってみたら、平行四辺形みたいになって、「ほんとにPRO?」って・・・。
さて、僕の大好きな下歩き編です。(笑)
タタミの下歩きは、以上のことを踏まえまして、こんな感じにするのが一般的でしょう。
d0061489_2151848.jpg
タタミの輪郭をくるっと一周して生地を固定。その後、タタミの糸方向に垂直もしくはネット状。
こうすることで、刺繍の伸び縮みを多少なりとも抑えることが出来ますし、綺麗に糸をのせることが出来ると思います。
以上です。
次回はどうしようかなあ・・・。(苦笑)
by ykm94731 | 2018-01-18 19:44 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)