大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望


by Nekoshima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

行って帰ってくる

さて、今日は一定の太さの文字のパンチングです。
約1mmの振り幅の細い文字。
d0061489_19253823.png
ランニング・ステッチを作るように、簡単に作ってみました。
で、拡大してみると・・・
d0061489_19253800.png
下縫いがあったり、無かったり。
下縫いというのは意外と重要で、仕上がりにかなり影響が出ます。
特に、細い文字や小さな文字の場合、入れ過ぎると外にはみ出したり、
入れないと文字が貧弱に見えたり。
勿論、ソフト任せで入れる事も出来ますが、2本入るところもあれば、1本だけになったり。
このばらつきのせいで、文字のバランスが崩れたり。
思うようにならないことってありますよね?
こういう場合は、面倒ですが、下縫い用にランニング・ステッチを追加してやります。
このサテン・ステッチのデータは、向かって左から右へと進むデータになっていますが、
下縫いが入っていない部分を確認して、入っていない部分に、
右から左へと、ランニング・ステッチを追加してやります。
d0061489_19253896.png
こうすることで、全ての部分に、1本だけの下縫いが入ったデータとなります。
この統一感が大事!
動きは下の動画で確認してみてくださいね!

ちょっとしたことですが、こういう工夫をしないと上手くいかないことって結構あります。
そして、これが刺繍の基本、「行って帰ってくる」です。
覚えておいてくださいね!(笑)
では、また。



by ykm94731 | 2018-01-25 19:48 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(0)