大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望


by Nekoshima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

混ぜてみよう!

前回のBLOGで難題をいただき、「答えられないから、逃げたんじゃない?」って思われた方、
「今年は」逃げませんので!(爆)

さあ、交ぜるの続きです。今日は混ぜたいと思います。まずは完成データです。
d0061489_14461777.png
グラデーションです。
刺繍での表現は厄介で面倒なので、依頼が来ないよう、いつもお祈りしています。(笑)
「そんなのオートで簡単に出来るよ!」って方は、この先にお役立ち情報はございませんので悪しからず!
WilcomとかPulseや刺しゅうPROなら自動で出来るのかな?
d0061489_14500031.png
うちのだと、こういうグラデーション埋めが限界。これを組み合わせたら出来るかな?
とか、思うんですが、上手く行きません。
なので、アナログ&マニアックな作業スタートです。
ただし、この方法は、1針データが扱えるソフトでしか出来ません。
dst等の、マシーンフォーマットデータを読み込んで、アウトライン化してしまうソフトでは不可です。




まず、今回の題材となる5cm角の正方形をタタミ埋めで作ります。
解像度を上げたいので、糸は細番手が望ましいです。
d0061489_14365205.png
縦でも横でも構いませんが、今回は縦方向にしました。斜めはやめましょう!(笑)
このデータを、1針データに変換します。
アウトラインデータが無くなり、1針ずつ動かしたり、分割したりが出来るようになります。
で、今回は3色のグラデーションですので、1cmずつの5分割(ブロック分け)にします。
d0061489_15154992.png
わかりやすいように色分けしています。
左端の赤、真ん中の青、右端の水色を基本の3色とし、その間の緑、黄の部分を混ぜていきます。
d0061489_15301891.png
緑部分の1cmの間にあるタタミステッチを分割していきます。
文章での説明は困難ですので、上の図をご参照ください!(苦笑)
縦2本をワンセットとして、左から基本色の赤→青2本→赤8本→青2本→赤6本→青2本→赤4本→青2本→赤2本・・・
細かいですし、頭がこんがらがります。
d0061489_14372465.png

で、こんな感じになりました。
このままですと、色替えの連続になりますので、それぞれの色を合成して、
下縫いをデータの頭部分に追加してやります。
d0061489_14373212.png
う~ん、たいへんな作業でしょう?
いろいろ試行錯誤したんですが、今のところコレがベストな方法です。
昔はこういう場合は、図案(ドラフト)を書いて、1針ずつマニュアルステッチで作っていくという作業をしていましたので、考え方としては同じです。
重要なのは、色が重ならないように、隙間に差し込んでいくということ。
d0061489_14375699.jpg
ところどころ空いた隙間に、次の色が入って行きます。
この方法だと、糸密度も狂いませんし、タタミ目も自然になります。
さあ、完成です。
d0061489_14375680.jpg
いかがでしょうか?苦労した甲斐あったなあ・・・となります。(笑)
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
何かのお役に立てれば・・・今回は無いな。(爆)

Commented by KEIKO SATO at 2018-02-19 08:57 x
毎回ですが 職人技とはホントにすごいですm(__)m

刺しゅうプロ10では 1針データとか 入力とかは できないと思います
刺しゅうプロ10も良いものだと聞いてはいますが 趣味の範囲のものだと

なので 職人技のようなものは できないと思います(=_=)
前にお聞きしていた コピペしてずらす方法を試してみますヾ(*´∀`*)ノ

でも こんなふうに 手間暇かけて心を込めて刺しゅうされているんだと 知ることが出来
勉強になりましたヾ(*´∀`*)ノ
ありがとうございます(^-^)
また 更新 楽しみにしておりますm(__)m
Commented by egg35 at 2018-02-19 19:24 x
そうですね… お役には立ちそうにありませんね…w
スゴ過ぎて! レインボーじゃないけど「キレイだ!」と
叫びたい気分です…w いやぁ、これでご飯3杯はイケますね…爆
で、分かったことはただ一つ、みんなちゃんと"プロ"に頼もう!ってことですw
ほんっと、ミシン屋に唆されていっちょ前な顔してるのがどれだけいることか…汗

それにしても、段々と疎ら?薄く?なってくとこはどうやって繋がってるんでしょう…
一本一本糸を切ってる…なんてことはないですよねぇ…
端っこ…? でないと、次の色がせっかく先に打った糸の上を走ってしまう…
あ、いや、仕上がりの写真にそれらしいもの見つからないし…
もう手品を見てる気分ですね…φ(..)汗

KEIKOさん、刺しゅうプロは趣味に毛が生えた程度のものらしいですよ…^^A
アメリカとかでは革ジャンに刺繍するのに個人でブラザーのPRシリーズなどの
ミシンを買うひとがいるんだとか… と、どこかに書いてました…^^A
1針データは通常データを作った後、「属性」で「ステッチデータに変換」後、
左上の矢印の下、「選択」を押して真ん中の三角みたいなのにしてデータを
クリックすると、1針ずつ編集できるけど…それとは違うのかな…汗
入力はマニュアルパンチの「走り」でピッチいじれば真似事は出来るっぽい…?汗
そんなん知っとるわい!凸(`、´メ)だったらごめんなさい…m(_ _)m
Commented by egg35 at 2018-02-19 19:39 x
あ… 見えた!w
えーっ、現物では全然見えない…
いやぁ、それにしてもキレイなタタミ…
Commented by KEIKO SATO at 2018-02-19 22:08 x
egg35様
ありがとうございますm(_ _)m

私はほんとにずぶの素人で ミシン刺しゅうをはじめまして まだ1年も経たないのです(^_^;)
刺しゅうをお仕事とされる方のソフトは半端無く高く 手が届かず
刺しゅうを始めるあたり
ブラザーさんのお店に行くと 何でも出来る
これは 素人の範囲の「何でも」なんですよね(-_-)

今は 清水の舞台から飛び降りる覚悟て買えばよかったと 思ったり
腕も頭も無いのに そんな難しいソフトを扱えるはずもないだろう の
考えが頭の中でぐるぐる回っています(゚Д゚;)
ミシンにしても同じです(-_-)


今日 ステッチデータに変換してみたところでした
でも 見え方が 猫島さまのとは違って 四角のマスが半端無く出てきて
もう一度元に戻して 下縫いを無くしてみてから ステッチデータにしましたが
上下と、中央に3列ほどの針落ちポイント?? が出まして 線のみにはなりませんでした

それで 中央のポイントを全部削除しましたら マスは上下のみになりました が
それを刺しゅうするとどんなふうになるのか(-_-)(-_-)
全く想像できません

とりあえず ステッチデータに変換したものを 下縫いありなしで 中央針落ちポイントの中央を無くす
中央の両サイドを無くす 中央に 全てを無くすで
並べて保存して お休みの日に 刺しゅうしてみようと思います(^_^;)
ステッチデータに変換してから 下縫いだけを追加できないのですよね?
下縫いがあると とても見難くより難しいです(◞‸◟)

取説には ステッチデータに変換したら 元には戻せませんと書いてあったように思います(-_-)

どんなふうになるのでしょう?? こわごわです きっとがっくりするのでしょうね(◞‸◟)

走りで パンチすることも考えたのですが どこくらいのピッチにすればよいのか?
もし 1cmのマスだったら 何本入れたら良いのか?
ド素人なので考えても 頭の上に?マークが いっぱい並んで整列している状況です(◞‸◟)

また 私がわかることがありそうでしたら 教えてくださいませ
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Commented by ykm94731 at 2018-02-20 07:54
ご両人様、盛り上がってますね!(笑)
いつも本当にありがとうございます!
でも、今回のネタは、駄目だったなあと、深く反省。
もっと、他のソフトも勉強しないと、お役に立てないようです。
もっと、万人に喜んでいただけるようなネタを考えねば・・・。
まあ、何にせよ、チャレンジすることが大事です。
刺繍は結果がでるまで時間がかかるので、根気が必要ですが?
20数年このお仕事に携わってきましたが、残念ながら、出来ないことも、まだまだ沢山あります。
ソフトも進化していますが、オートでは出来ないこともあります。そこで諦めないで、出来ることを模索することも重要です。
せっかく、このマニアックな?世界に足を踏み入れてしまったんですから、前向きにドップリと浸かっちゃいましょう!

タタミの下縫いは、素材との兼ね合いで調整しますが、タタミステッチの2~3倍くらいのピッチで入れてます。
Commented by KEIKO SATO at 2018-02-20 13:51 x
猫島様
もし、叶うからば、刺繍プロで扱える方法も 出来ればなのです 出来ればなのですが よろしくお願いいたします。m(__)m

egg35様

振り返りまして、データを見ました(+_+)
畳縫いの設定ではなく、サテン縫いの設定でした(+_+)
畳縫いを ステッチデータに変換しましたら 恐ろしいくらいに針落ちポイントのしるし? 
□のマークが出ました(>_<)
それを見た瞬間 呆然としました。 
結論 私は 何をしようとしていたのか? 考えましたら どこかに穴がありましたら
入りたい気持ちです。 自分にがっくりです。 まだ、趣味にも到達していないことを確認できました(+_+)

そして 教えていただきたいのですが、
「1針データは通常データを作った後、「属性」で「ステッチデータに変換」後、
左上の矢印の下、「選択」を押して真ん中の三角みたいなのにしてデータを
クリックすると、1針ずつ編集できるけど…」

左上の矢印の下、「選択」を押して真ん中の三角みたいなのにしてデータを
クリックする  これを探したのですが、見つけられないのです。

どこから 三角をクリックしたら良いのでしょか? 
無知ですみません。

また、猫島様のブログで egg35様に質問してしまい 申し訳ありませんm(__)m
Commented by egg35 at 2018-02-20 17:01 x
ね、猫島さん、ぜんぜん楽しんでますけど…?^^A
プロの技を垣間見ることが出来るなんて、嬉しいやら楽しいやらw
これ、店頭デモでミシンで打ってる様を見せてたら、
僕ぁ、ガラスに張り付いて見てますよぉ?
あ、それは僕だけかな…(爆)

さて、ひと様のブログで書くのは申し訳ないのですが、KEIKOさん、
ソフトが違うので見え方が違うのは仕方ないと思います…^^A
畳縫いでやってることなので、間に針落ちポイントの四角が出るのも仕方ないです…
高額なソフトは便利な機能があるということなのでしょう…
我々の使ってるオモチャwではその値段差分を手動で埋めるしかないかと…^^A

で、三角だ選択だというのはKEIKOさんちゃんと出来てると思いますよ?
四角いっぱい出てるでしょ…? 僕が言うてるのはそれのことです…^^A
それをクリックして動かすなり削るなりして編集するということです。
あ、ステッチ表示になってるだけってことなのかな…
だとすると、ステッチデータに変換すると刺しゅうプロの左上、「ステッチ分割」の
左横に「選択」って文字ありませんか? それを押すと「選択ツール」というのが
出て来て、それの真ん中を押すと針落ち点が白抜きの四角になって1針編集できます。

とうことで、下縫いを分離するにはステッチデータに変換後、本縫い?が始まる1針目の四角を
SHIFTキーを押しながらクリック、次に一番最後の針の四角をSHIFT+クリックすると、
本縫い?の針落ち点が全て黒くなります。そこでDELキーを押すと黒いのが全部削除されます。
もしくは糸密度のうっすーーい少し小さなデータを作るか、手動で走るかでしょうね…^^A
まぁ、僕ぁほとんど説明書を読んでないのでもっと簡単にする方法があるかもですけど…汗

我々が猫島さんと同じようなことをしようと思ったら、ステッチデータに変換後、
ステッチデータをうまいこと"属性"の中の”分割”でやるしかないのでしょうね…
そして、色ごとにまとめて… 下縫いデータを足して、順番を入れ替えて… 

あ、あと元には戻りませんね… 「あ!さっきの失敗!」ということであれば
ctrl+Zで戻せますが… データを変換したいということであればSTB機能なるもので
それっぽく戻すしかありませんね…^^A ちゃんと戻った試しないけど…汗
Commented by egg35 at 2018-02-20 17:16 x
やってみたら、下縫い後の1針目がわかりにくいので、
一応書いておきますと、下縫い後の1針目と最後の針は
デフォルトでは重なってますので(その他のも)、その多数重なってる
針をクリックして順番にどこか横によけて1針目を掘り出して
あげてくださいね。最後の針はハサミマークがついてると思います。
Commented by KEIKO SATO at 2018-02-20 21:30 x
あっ 職人さんではなく プロの技と書かないといけなかった(^_^;)

egg35様 詳しく教えていただきありがとうございますm(_ _)m

下縫いを別にする方法 ありがとうございます(*´∀`)
これができたら なんか変わったような 仕上がりになるように思って(^^♪
がんばりますm(_ _)m

手動で走る
今日猫島様のデータをよく見て数えましたら1cmを作るのに 往復約62本(^_^;)
普通に走ると 約124回行ったり来たりを繰り返し ようやく1センチになるのだと思うと
ソフト頼みで 点 点とパンチしたり 外周をなぞって面にしたり 私はしてたんだなー 刺しゅうって
こんなふうにするんだと楽観的に思っていたのです(◞‸◟)

猫島様のブログで プロのお仕事を知り すごい!! 腕もですが根気のいるお仕事だと痛感しました

同じことは出来ないのは当然なのですが 0.001でも近づけたらなと 心の奥底で
思っております(^^♪ 厚かましいですが(^_^;)

ありがとうございましたm(_ _)m
Commented by egg35 at 2018-02-21 20:08 x
さ、さすがの猫島さんも124往復はしてないと思いますよ…?^^A
最初に四角の畳データを作ると仰ってるし、最後「この方法だと、
糸密度も狂いませんし、タタミ目も自然になります」と仰ってますね。
ソフトに任せるべきとこは任せていいのだと思います。

僕が「手動」でと言ったのは、刺しゅうプロがつける下打ち
くらいなら、手動で走り縫いしてもいいのでは…?
もしくは、糸密度の低いデータでごまかすのはどうですか?
ということです…^^A 猫島さんのような下打ちは
刺しゅうプロにはありませんもんねぇ…^^A
「下打ちだけですでにキレイじゃん!」って思ってましたw
恐らく手動での本縫い?が必要になるのは動物の毛並みとかでは…?

このグラデーションはソフトの機能だけで実現したものではなく、
猫島さんの経験と腕が生み出した、職人の技。
結構アナログなとこが多いんだなということがわかりましたね。
どのソフトにもありそうな単純機能の組み合わせ。
ならば、刺しゅうプロでも似たようなことは出来るはず。
糸を何本ずつ入れたら綺麗に見えるとか間隔だとか、
猫島さんの試行錯誤した結果を惜しげもなく見せて頂けてるのですから、
それをどうやったら刺しゅうプロで実現できるのか、近づけるのか、
刺しゅうプロの機能を探りながら頑張ろうじゃあーりませんか!p(`_´)q

高いソフトを買おうか迷ったというくらいですから、きっと僕なんかより
高いところを目指してるのでしょう。まずは刺繍プロでいいじゃないですか。
刺繍プロで立派に商売されてる方もいらっしゃいますよ?
「刺繍プロでもここまで出来るのか!」ってのを作ってたりします。
なんかそれってカッコよくないですか? 男的感覚なのかなぁ…w
刺繍プロで高機能ソフト以上のモノを作ったらスゴイじゃないですかぁw
刺繍プロをオモチャのままにするのか、立派な刺繍ソフトにするのかは、
僕たち次第なのだと思います。って、また長々とすんませーん!w
Commented by KEIKO SATO at 2018-02-21 21:48 x
egg35様
そうなんですね
そういう意味だったのですね (^_^;)

今日 1センチの畳縫いを作ったら 見え方が スカスカで(猫島様の物と比べて見え方がスカスカで)
糸密度が普通 4.0を12.0に上げて みたら すごく詰まって見えました
往復が62回だと思い込んでいたので こんなに詰まってるんだと思ってしまいました

それをそのまま自分の考えを信じ(-_-) 進め
教えていただいた 下縫いと本縫いを分割に
分割出来ました(*´∀`)

ただ ステッチ分割の横には何も出ず 分割をクリックすると ハサミのマークが出ました
それで 多分この辺が本縫いかな?と思うところを外して クリックしていくと
四角く範囲指定されて ダブルクリックで 分割出来ました

下縫いは ガラーンとしていて egg35様の言われるとおり 猫島様の下縫いとは
全く違っていました

取り敢えず 本縫いを3つに分割して 色を分けて
ひとつ目のものに 2本分 2本分....と隙間を開けて
ふたつ目のものを その隙間に 猫島様のデータにあるように埋めていく途中で 終えて
明日 また続きをしようと思っていたところでした

明日 再チャレンジします(^^♪

高いところを目指す事は どんなことなのか 私にはちょっとわからないのですが
前までは 楽に簡単に出来るなら お金もかかるだろうな それは普通の事なんだ と言う楽観的な考えで(◞‸◟)

でも 猫島様のブログやegg35様のお話を伺っていて なんと愚かなことと思ってしまいました

こちらで 色んな事を知りました
針 下縫いを追加 下縫いの走る場所 などなど
データを よーく見るようにもなりました
グラデーションは 諦めていたんです それが
なんとか出来るかもと思えるようになりました
縫っていないので 出来上がりがどうなるかわからないですが(^_^;)

本当にありがたいですm(_ _)m

刺しゅうプロ 使いこなせるように頑張ります(^_^)
ありがとうございます
そして これからも 猫島様 egg35様 よろしくお願いいたしますm(_ _)m
Commented by ykm94731 at 2018-02-22 07:58
KEIKO様 egg35様
おはようございます!
何か、妙な題材を上げてしまって、申し訳ない気持ちです。
楽しんでいただけるのは嬉しいのですが、刺しゅうPROというソフトがどんなものか?何ができるのか?わからないので、良い解決策をご提示出来ないのが情けない。
egg35様のフォロー、助かってます。
ありがとうございます!
いやあ、こんなに食いついていただけて、ほんと感謝しております。
今回はオートのタタミで作りましたが、昔はコレをマニュアルステッチで、1針1針クリックして作っておりました。
そういう入力が出来れば、作ったタタミステッチの上をなぞって行くというのも一つの方法です。時間はかかりますが。
あと、下縫いは、今回はタタミステッチの荒いのを横方向に入れただけです。
自動の下縫いも使いますが、その時に応じて、ランニングだったり、サテン、タタミを使って下縫い部分を作ることも出来ますよね?他所から来たデータを使うことも多いので、上手く縫えない場合、部分的に作り直したりもします。
まあ、今回の題材は少々イレギュラーなもので、一応「PRO」と呼んでいただいてる私でも、結構面倒で敬遠したい部分であります。
もっと、万人に受けるようなTipsをお伝えしていけるよう頑張って行きたいと思いますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。
ありがとうございました。
Commented by egg35 at 2018-02-22 12:55 x
うわぁ… 1針ずつクリックを!?
そう言えば、昔色々調べてるときに図案を拡大してどうの
ってのを見たような気がします… た、大変そう…汗

KEIKOさん、すんません、僕とバージョンが違いますね…^^A
12本も入れられるというのはVer.10ですね。
僕は一つ前のNEXT、これまでは7本が最高だったんです。
てことで、多少操作の違いが出てくるかもですね…^^A
とりあえず、1針編集出来たのならよかった…^^A
ただ、12本は多過ぎやしませんか…? 大丈夫でしたか?^^A
(あれは確か3D刺繍用に増やされたんだったような…)
猫島さんのを数えたら62本/cm言うてませんでしたっけ…^^A

てことで、下縫いのことも教えてもらっちゃいましたね!^^
畳縫いの密度の薄いヤツを作って下に敷いちゃいましょう!
で、同じようにやったとしても同じにならないのが
職人のスゴイとこ…w きっと同じソフトを使ったとしても…
これはミシンの調整、生地の知識、色んなことが絡んでるんでしょう。
いやぁ、それにしても何度見ても綺麗なグラデだこと…
僕にもこの技術とクリエイティブな発想があれば脱作業着屋が
出来るんでしょうけど、どちらもありましぇーーーん!!(爆)
Commented by KEIKO SATO at 2018-02-22 23:57 x
こんばんは(^_^)
猫島様 考える力を与えていただけるブログで 感謝しておりますm(_ _)m

すみません 勝手に 刺しゅうプロの使い方を..... なんて(◞‸◟)
でも 私がトンチンカンに読み取った事を もう一度わかりやすく 詳しく教えてもらえて嬉しいです(^^♪

egg35様
私が使っているのは そうなんです 10です
でも 大きなヒントを頂き扱えるようになってきていることが とっても嬉しいです

ミシン刺しゅうを始めたのは 念願の孫が出来まして 娘達にしてやれなかったことを孫にと思って始めたので
私は結構な歳なのです
始めた頃は 全くわからず お教室に2泊3日で行かせて頂きなんとかソフトは扱えるようになりましたが
奥が深すぎて したいことが出来ず諦め 高額なソフトなら簡単に出来るかもと(^_^;) 安直な考えを持ってしまいました(-_-)

今日は 下縫いを分割 と思っていましたら 下縫い用に作る事も教えていただき
発想の転換が必要なんだと(^_^)

こう作るものとしか (ソフトがしてくれる)考えなくて 必死で分割とやっていました
でも これも経験で来たことが嬉しいです
12.0 確かに すごい密度で 最大に拡大しても 重なり合っているところを剝していくのが大変でした 途中までしか ほんの少ししか出来ずでした
そして 3D刺しゅう用という事も 知ることが出来ました(^_^)
猫島様畳のデータの端を数えたら 62あったので その倍の数を走ったと思ってしまいました(^_^;)

今日 朝に 猫島様コメントを見て オートで畳を作ったと コメントを下さり前のブログをきちんと読んでいなかったのだとわかりました(^_^;)

毎日 ほんの少しですが出来ることが増えてきて とっても充実した日々になっています

猫島様 egg35様 いつも同じ言葉しか言えないのですが ありがとうございます
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
Commented by egg35 at 2018-02-23 16:32 x
あらあら、そうでしたか。^^
それはお孫さんが自慢できちゃうようなものを作ってあげてください!

って、わぉ!それなら刺繍プロで十分だと思いますよ…^^A
ウィルコムだ何だって、あれ、確か諭吉さんが100人以上
飛んでくんじゃなかったでしたっけ…汗
生産性を求められるものでないのなら、刺繍プロで十分かと…^^A

あ、あと、僕、針落ち点をクリックするとき、最初と最後、
どちらもSHIFTを押すように書いてましたけど、最後だけでOKです^^A
Commented by KEIKO SATO at 2018-02-24 15:00 x
ですよね。
パソコンのように、ワンクリックでなんでもできるならと 思ってしまいました。
100枚ですか(+_+)
あー そんなことも考えず・・・
刺繍プロ極めます(^^:;) それくらいの気持ちで(^O^)/
孫の喜ぶ顔を思い浮かべて(^O^)
by ykm94731 | 2018-02-18 15:53 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(16)