大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望


by Nekoshima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年 05月 13日 ( 1 )

フォトステッチ?

折角の日曜日なのに雨・・・まあ、お仕事なのであまり関係ありませんが?(苦笑)
さて、先日のフォトステッチに関しまして、ご質問をいただきましたので・・・。
まあ、役に立たない情報ではありますが、うちのソフトの場合。
まず、題材となる画像を取り込みます。
(コントラストのハッキリしたものじゃないと良い結果が得られませんので、
事前にフォトショップ等で、補正が必要な場合もあります。)

d0061489_11093784.jpg

お美しい!!!(笑)
で、見とれてないで、作業なのですが、驚くほど簡単!一瞬で変換出来ます。

d0061489_11153990.jpg
ソフトが自動的に、CMYKの4色に分解してくれます。

CMYK(またはCMYKカラーモデル)は、シアンマゼンタイエローブラックの4成分によって色を表すの表現法の一種である。

CMYK は、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)と、キープレート(Key plate)から、頭文字1字を取ったものである。キープレートは、他の印刷の合わせになる版のことで、通常、文字や図の輪郭を表す黒で印刷される。CMYKの"K"が、ブルー(Blue)と混同しないようにブラック(BlacK)の"K"を用いたものであるとか、日本語の黒(Kuro)に由来するという説明は誤りである[1]。ただし、CMYKはCMYBkと表記されることもあり、この場合のBk はブラックを指す。(Wikipediaより)


それぞれの色ごとに、縦・横・両斜めの糸方向で埋め尽くされる感じですね。

で、もう1種類出来るんです。黒一色のモノトーンバージョン。

d0061489_11093684.jpg

こちらは横方向の糸の流れになります。
比べてみると・・・

d0061489_11093609.jpg

d0061489_11224778.png

ランニングステッチと、サテンステッチの振り幅と密度で、画像の濃淡を表現する手法です。
簡単で楽ちん!4色までの糸で済むので、実用的かな?
ただ、10万針超えの凄まじい針数になるので、商売にはならないなあ・・・。
さあ、今年はどうしようか?
題材さえ決まれば何と間なるんですが、無常にも時間だけが過ぎていく・・・。(苦笑)
さあ、気分転換終了!
では、また・・・。



by ykm94731 | 2018-05-13 11:34 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(6)