大阪の刺繍加工会社の業務紹介及び今後の展望


by Nekoshima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

刺繍屋のカッター

地震に引き続き、大雨・・・ほんと、地球が怒ってるんじゃないの?って。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申しあげます。
大阪は、朝の内にようやく雨が上がり、少し晴れ間も出てきましたが、
まだ雨が降り続いている地域もあるみたいですね。
くれぐれもご注意ください!
仕事の方も大荒れで、荷物が着かなかったり、行方不明になったりで、
スケジュールが無茶苦茶・・・と言う訳で、やはり帳尻合わせで休日出勤です。(苦笑)

で、ちょっと調べものがあり、自身の過去BLOGを検索!
自分にとっても備忘録のようなもので、「あれは何処だったかな?」みたいな感じで、
よく利用しています。(笑)
記事は見つかったんですが、エキサイト側の仕様変更があったのかな?
貼り付けた動画が見れない!
ということで、貼り直し、再放送です。(爆)
では、穏やかな休日をお過ごし下さい!

ボーリング刺繍(カットワーク)

まず、ボーラーのセッティングで必要なメス。
d0061489_214507.jpg

うちが使っているのは、GUNOLD社製VENERE CUTTER NEEDLEです。

針先は針の太さ程の彫刻刀の平刀みたいになっています。

他社のボーラーと違い、針板の交換は不要で、針の交換だけで済むという優れモノです。

針を抜いて、このメスをセットします。
d0061489_2175031.jpg

4本のメスを使うというところがポイントでして、縦・横・右斜め・左斜めとセットします。

(これを4本使わないと、特許に抵触して、某刺繍屋さんから怒られます。(爆))

4本も交換するのは面倒なようですが、お陰でデザインに対してかなり忠実なカットが可能になります。

今回使用する刺繍データはこんな感じ。
d0061489_21133833.jpg

何か複雑ですねえ・・・。(苦笑)

カットする部分は普通のランニングステッチ(線)で作ります。
d0061489_211571.jpg

その後、「この部分をカットしてね!」と、ソフトに教えてやると、自動的に4つに分割してくれます。

今回の場合だと、青い部分は縦向きの針、黄色い部分は横向きの針を使ってね!・・・ってな具合に。

自分で分割するとなるとたいへんですが、この辺りは同じGUNOLD社製ですので・・・。

では、作業スタート!
d0061489_2118819.jpg

まず、カットする部分を囲みます。これは、生地と下の芯地を密着させて固定するため。

ピーンと張っていないと、メスが降りて来た時に、生地を下へ押し込むようになって上手くカット出来ませんので・・・。

そしてカットです。


4つのメスを使って、結構上手くカットしてくれます。

それからカットされた不要部分を取り除いて、縁を荒くかがっていきます。


カットされた部分の内側まで縫いが入っていますが、この位いかないと、綺麗に縁をかがることが出来ません。

そしてデザインが仕上がってからの強度保持のために、カット部分に飾り兼補強のステッチを・・・。


生地も何もないんですが、上手く縫えるんですねえ・・・ちょっと不思議な感じ・・・刺繍屋のくせに?(苦笑)

カットの工程が終わり、「仕上げをご覧じろ」の段階です。
d0061489_21291714.jpg
今回は刺繍部分を強調するために、1.5mm厚のウレタンを載せました。

で、ようやく完成です!
d0061489_2130272.jpg
約1時間程で、意外とスムーズに・・・。

とりあえず復習が完了しましたので、御依頼頂いた新規のデータを作らないといけないんですが・・・

あまり嬉しくないのは何故?(爆)

# by ykm94731 | 2018-07-08 13:06 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(4)
今日から7月!
いよいよ梅雨明け?夏の到来?って感じですね。
しかし、アラフィフの私としては、「今年も半分終わっちゃった。」と、後ろ向き・・・。
でも、業界的には活性化してきているようなので、前向きに行かないとね!
さて、今日はアップリケ刺繍です。
夏をイメージした花柄のアップリケ。

d0061489_09065592.jpg

1例として、ブランケットステッチを使ったもの。
俗に、「Eステッチ」と呼ばれるステッチですね。
(画像はEステッチにチェーン風ステッチをプラスしています。)
手刺繍ではよく使われますが、刺繍機でのアップリケ留めではあまり使わないかな?
通常のサテンステッチよりは軽い感じで、どこか涼しげ?(笑)
ただ、このステッチを、通常のアップリケの仮留めに使うのはいただけません。

d0061489_09293940.png

下縫いを上縫いと同じ糸方向に入れてはいけません。
読者の皆さんはご存知ですよね?(笑)

アップリケ刺繍というと、一昔前は綺麗にサテンステッチで括るのが当たり前みたいな感じでしたが、
今は本縫いステッチ留めが主流かな?

d0061489_10095138.jpg

単なるランニング・ステッチを2周。
刺繍は沢山打ち込むと重い感じがしますし、一般的には運針数増→コスト増ですしね!

d0061489_09202061.jpg

端が振らし状態ですので、ほつれ易い素材を使えば、カジュアル&ラフ感を表現出来ます。
ただ、この留め付けって意外と難しい。
ミシンで縫う時間はあっという間ですが、アップリケのセットに時間がかかりますし、
裏の芯の剥離も面倒・・・。
お安く見られがちですが、そうでもないんです。
とは言っても、何とか上手くこなさねばなりません・・・。
そんな方には、この記事が役立つかも?

手間がかかります。

うちはアップリケ刺繍のお仕事が多いんですが、アップリケの素材や糸を変えるだけで、
全く別の商品になります。

d0061489_09480733.jpg

1型作れば、ずーっと使えます。
金型も意外と長持ちで、20数年同じ型の使い回しってのもあります・・・これはかなりお得ですよ!(笑)

それと、今日のタイトル・・・アップリケ=パッチワークではありません。(内容と全く関係なし 爆)
勘違いされてる方が多いのですが、
アップリケ刺繍は、ベースとなる素材に、別素材を縫い付けることで、
パッチワークは、異素材を組み合わせて、1つの生地(素材)を作ることを指します。
まあ、どうでもいいか?(苦笑)

さあ、今日はそうそうにお仕事が片付いたので、これから自由時間!
いざ「昼飲み」に出動!(爆)
では、皆様も良い休日を!

# by ykm94731 | 2018-07-01 10:22 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(6)

怖かった。

地震でご心配をお掛けしましたが、無事にやっております。
かなり揺れて、「ついに南海トラフ?」なんて思いましたが、数秒で揺れはおさまり、大した被害もありませんでした。
ただ、電車が全てSTOPで、従業員が出勤出来ず、連絡も取れない状況。
心配でしたが、お昼までには皆の無事が確認出来、ほっと胸をなで下ろしました。
ただただ「凄く怖かった。」
阪神淡路大震災の時もそうでしたが、何も出来ないもんですね。
ただ、仕事場で立ち尽くしているだけでした。
操業中だった場合の避難経路の確認や、棚等の耐震補強etc.・・・しっかりと考えておかねばなりません。
昨夜も余震があり、まだ予断を許さない状況が続いております。
大阪だけでなく、他の地域の方々も、十分ご注意ください!

また、「物流が止まり、物が不足しているんじゃない?」かと、支援物資を送っていただきました方々、
本当にありがとうございました。
大阪市内は物流もすぐに復旧し、翌日には平常通りでした。
ご心配いただき、心よりお礼申し上げます。

この度の地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。
また、不自由な生活をしいられている被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
被災地の皆さまが1日も早く日常を取り戻せるよう、心からお祈り申し上げます。

# by ykm94731 | 2018-06-24 15:46 | プライベート | Comments(4)

一粒で二度美味しい?

合同展が終わって・・・ようやく世の中の流れに追いついたかな?
うちのような小さな会社にとって、3日も空けるのは、かなりのダメージがありました・・・。(苦笑)
まあ、苦労が報われると良いんですが?

さて、今回作った中で、好評だった作品。
こんなパンチデータです。

d0061489_12313666.png

変わったフォントを見つけたので、ソフトの自動変換機能を使って作ってみました。
画像データのアウトラインに沿って、サテンやタタミで埋めてくれます。
まあ、刺繍データとしては何とも言い難いものですが、サンプルだけですからねえ?
我慢して縫いました。(爆)

d0061489_12580438.jpg

で、大好きなマルチカラーの糸を使ったフワリ刺繍です。
単一方向で埋めたものとは違い、面白い見え方になりました。

もう一つ同じ刺繍を、今度は白のポリエステル糸で刺繍して、毛先に昇華プリントをプラス。

d0061489_12281365.jpg

毛先が少し潰れて、モコモコ感が出て、こちらも面白い仕上がりに・・・。
同じ刺繍なんですが、いろいろ工夫することで、全く違う見え方になります。
面白いですよねえ?
まあ、かなり特殊な例で、「何方でも!」ってわけには行かないでしょうが、
マルチカラーの糸なら、お手軽に面白いことが出来るかも?

d0061489_12281318.jpg
意外とこの段染め糸の存在をご存知無い方が多くて、
「沢山色替えがあってたいへんですねえ?」って・・・一色の刺繍なんですけどね?
何か得した気分。(笑)

# by ykm94731 | 2018-06-17 13:03 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(7)

触りましたね?

あれから約一週間。
今年のENも終わっちゃったなあ・・・で、大阪に戻り、会社も・・・終わってる!!!(苦笑)
仕事が山積みで、たいへんな毎日です。
加工会社の合同展「EN」も、今回で8年目の第8回。
毎年毎年、新しい物を提案される、周りの加工屋さん達には、驚かされることばかり。
「もっと頑張らなきゃ!」って思ってるんですが、新しいものって言っても、なかなかねえ?
今回は新作?Tシャツ40着と古いものを織り交ぜて、約100着のTシャツやCAP等を展示したんですが、
新規のお客さんが多く、反応は上々でした。
「新兵器」みたいなものは無いので、いろんなものをMIXして、見せ方の工夫のみですね。
刺繍の素晴らしいところは、やはり表面変化・立体感だと思っていますので、
平置きにして、お客さんに「あれ?何だ?」と思わせる作戦!
d0061489_07291137.jpg
触らせればこっちのもの!(爆)
不思議な見え方なので、皆さん結構触って行かれます。
で、触れてみて、さらに「あれ?どうなってるの?」って・・・そこでやっと会話へ・・・。
口下手なので、周りの加工会社さんみたいに声がけが出来ないのです。(苦笑)
まあ、そういう意味では、「良い武器」があって良かったなあって。
d0061489_07284805.jpg
「これどうなってるの?」
「これは、ああして、こうして・・・」
「そうなんだ~!凄いね!」

「BLOG見て・・・」って方も何人かいらっしゃって、刺繍屋ニンマリです。(感謝!)
今年はそういうことが沢山あり、名刺交換も沢山させていただきましたし、
フワリ刺繍の名刺?も、かなり無くなりました。
d0061489_07281968.jpg
さあ、ここからどうなって行くのか?
フワリ刺繍の依頼がたくさん来たらどうしよう?
と、取らぬ狸の皮算用・・・ですね!

大阪は晴れてきたみたいですね・・・さあ、今日も1日、頑張りましょう!




# by ykm94731 | 2018-06-13 07:50 | 刺繍屋のお仕事 | Comments(2)